テーマ:自民党

誰も知らないが、風評/噂だけは一人歩き!

あの大災害から時間の経つのが早いのと、余震が多いのとで、混乱して日々暮らしている。 過去に「ウツ」の経験があることから、「現代のストレス時代をいかに暮らすか!」を書き始めて頓挫しているが、 我々の住む半被災地(千葉北西部)でも、「余震ウツ」、「災害ウツ」が出始めている。 特に、この機会に「生きること」を再確認する時…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

政治屋さん、「火事場泥棒か、漁夫の利か!?」

庶民の庶民による庶民のための政治を! 毎日、日本の「政治ごっこ」と、同じようなことを連日書くのに忍びないが…。 先にも書いた通り、政治屋としての「菅直人」。彼への評価は地元でもすこぶる悪いと云う! その分、「津田塾の才媛」、奥さんの方が評判が良いとも…。 しかし、私は「菅直人」の「愚直さ」だから、ここまで来れた1カ月…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「麻生太郎」と17人の仲間たち!?

今は昔、青春時代か、「Ocean's Eleven(オーシャンと11人の仲間)」を見た。 (Remakeの最近のものでなく)はHollywoodがまだ生き生きとしていた時代の粋で洒落たMovieだった。 Frank Shinatora, Dean Martin, Sammy Davis Jr.など錚々たる面々で、Screenの醍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学芸会」なのか!? 「学級討論会」なのか !?

一昨日、USのLehman Brothersの破綻が、世界を瞬時に一周し、アメリカ 型経済「市場原理主義」的放任経済の終焉を思わせます。 それをそっくり真似た「小泉純一郎」の軽薄な「竹中平蔵」の登用と 無責任な規制緩和! どうですか!? 現在の日本は、「偽装」と「欺瞞」だらけ! 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、また「小泉」Gimmick(策略、偽善)なのか!?

随分若く、まだ得意満面な小泉純一郎です。 (我が故郷の観光場所、日銀小樽支店前です) 何故、自民党の総裁選に、そのCandidates(候補者)が面白がって繁華街で手を振る演技をするのだろうか!? 正に7年有余前に、小泉純一郎の使った>「戦略」(ギミック~小細工) を5人の候補者は国民の税金で踏襲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党総裁選、「小泉劇場第2幕」か!?

懐かしい7年半ほど前の「小泉劇場」の再演第2幕、題して「茶番」の上演が始まった。 忘れてはいけない! 小泉純一郎の冷徹な小細工を! それまで永田町の密室で禅譲されていた「自民党総裁」選を、自民党に関係もない「国民」に提訴した。 なんのことはない、国民に投票権はない! そこを逆手に、「公明正大」を装った「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Public Servants and Bureaucrats(公僕と官僚)!そして総裁選「祭り」

Public Servantsは、昔中学の英語の時間に「公僕」と習った。 しかし、今「広辞苑」を開くと「公務員」とある。 おいしい特別会計の費用で、生活費以外の「お楽しみ」、「お遊び」、そして「愛人」のアパート代まで そこから支払う猛者もいると聞く。 「公僕」とは、その自治体の住民のSupportersであるはずが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念、福田さん、あなたもか…!

2008年9月1日、秋の新学期、日焼けした顔で子供達も学校に戻ってきた。 その午後9時30分! 東北ではなく、全国に激震が走った。 9月12日の臨時国会を前に、福田康夫総理大臣の突然辞任の記者会見。 思えば、1年弱以前に、どこかのボンボンが総理大臣を投げ出した。 国民の対する大見栄を切りながら、新学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”過去・現在・未来”~こんなものも書きました!

美しい国はどこへ!  「仲良しクラブ」に、分裂クラブか民主党! 昨今、ブログに政治・経済を希求する気持ちが、完全に乏しくなった気がします。 安部晋三お坊ちゃまは、支持率低下への「逆作用」と、大の仲良しのあの大分の「衛藤」ちゃん一人のために逆走し、それを自己顕示だと主張する。 日本のこれからは、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい国はどこへ!「仲良しクラブ」に、分裂クラブか民主党!

昨今、ブログに政治・経済を希求する気持ちが完全になくなった気がします。 安部晋三お坊ちゃまは、支持率低下への「逆作用」と、大の仲良しのあの大分の「衛藤」ちゃん一人のために逆走し、それを自己顕示だと主張する。 日本のこれからは、やはり無神経・無関心でもいられない気もします。20%の65歳以上は、年金「関心」はあっても、それ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そのまんま瓦解ですか!? 安倍晋三殿!

就任以来5ヶ月、何も期待はしていなかったけど、あまりにも望み薄なので一筆啓上になりました。 安倍晋三殿 一体、日本を「美しい国」にするために、あなたの作った内閣が、「仲良しクラブ」であり、旧牢のお年寄りWaitingの受け皿であり、そしてWhite Houseを真似た補佐官制度と、「官邸主導!」と重きを置いたにも拘わ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

どうなる、「美しい国」日本 !?

毎年、「おめでとう!」と言いながら、胸の内では「年齢だけが多くなるだけ、気力も衰え始め、仕事への意欲も、そして”おとこ”である現役期間も縮小されると、臍を噛む。 それでも「お目出度く」行かないと、この世からは置いていかれます。 何か目標を持ってとか、何か今年中にやらなくては! なんて思っても、その通り行かないんだから…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

日本の夕張化現象!「幸せの黄色いハンカチ」はどこへ!

「幸せの黄色いハンカチ」はどこへ! 「夕張メロン」は名だけが残り、夕張ではなく別地産か!? あの「幸せの黄色いハンカチ」を撮っていた頃の夕張には、希望があった! あの「幸せの黄色いハンカチ」は、暖かい人間愛を謳っていた!! そして、今、人気ない廃坑から廃墟と化する「夕張」に冷たい雪が降る。   「どう生き…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

何故だ!造反組の復党の是非!

一昨日、「郵政民営化」反対の造反議員を「無所属」から復党手続きをさせた自民党! 今頃何故だ!(政党補助金と来たる参議院選挙への調整とか…) 庶民感情としては、どうしても解らない! 自分の議員生命を懸けて、小泉純一郎の強引な「郵政民営化」に反対し、その後の選挙で彼らは、刺客・くの一などものともせず、地元の選挙民の民意を獲得して国会に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more