国際間の緊張を熟慮し、現憲法を国民が考えるべき! 安部自民の暴走を許してはいけない!

~今日は、国民が憲法を考える日!~  昨今の中国/韓国との領土問題に端を発し、戦争を知らない子供達の軽率な閣僚たちの靖国詣でと、戦前の日本が戦争に立ち至った経過をまた歴史認識のなさから繰り返しそうな「強靱」な国家思想の安倍晋三首相。 アベノミクスの有頂天から、危険な国際間の緊張の理解にも欠ける発想!  靖国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争を知らない子供の一人、安倍晋三首相の歴史認識と軽率な国粋発言!

不用意な麻生ダメ総理(副総理)以下、軽率閣僚の靖国参拝は、中国/韓国の反日/抗日心を呼び起こした。 それを、安部総理は個人の自由と事も無げに許容し、そのうえ国会の予算委員会で不用意で軽率な国家論/国粋発言で、またまた中国/韓国の怒りを買った。  国会議員に私人という考えがあるのは不思議である!  それはまあー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驕るな、自民党よ!野党らしきものなく暴走の気がある! 外交と国際潮流をよく読め!

~自民党の病根!国民感情を無視した傲慢な国粋派!~     小泉時代にも韓中国を悪戯に憤怒させた靖国参拝。    麻生太郎は副総理。その他数人の閣僚も隠れてコソコソと参拝!   国家の為に戦死した英霊を偲ぶのは良い。  しかし、小泉時代も先送りした「A級戦犯」の分祭も行わず同じことを繰り返す。    君達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拝啓 安倍晋三首相殿…「アベノミクス」の落しどころは!? Hard Landing!?

Hard Landing!? このところ、facebookの対応や、売れないと知りつつも危うい電子書籍の原稿書きで時が過ぎてしまい、Brogがお留守になってしまった。 「アベノミクス」という、異常な金融緩和、公共事業、そして成長戦略の3本柱の日本再生策が、昨年末また消去法で戻った自民政権「安倍晋三内閣」によって展開された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「詩心 昭和歌謡曲」…この不穏な平成の歌草も不穏!

~ 詩心 昭和歌謡曲~ 早いもので、阿久さんが亡くなって5年。 久世さんが亡くなって4年。 あの若かった三木たかしさん(いずれも同事務所)が64歳で亡くなってからも2年かな!? 私を友人の末端に置いて頂いている方の半分以上は昭和世代で、昭和の意味のある詩を歌った方。 そのほかの若い方は、おそらく歌謡曲に人生などないと思われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震と貧困政治、そしてNet社会で空中分解するの!? 日本!

随分とBrogもご無沙汰している。 料理研究家でもなく、Fashon Adviserでもない私には、「日本よ、いずこへ!」的な庶民の愚痴しか書くこともなく遠慮し始めている。 しかし、日本の国民は「羊」だと言われるように、社会への諦め、政治への絶望を反転攻勢に出ない! 「庶民の愚痴を書いても仕方な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな死ぬ時にはPPK(ピンピンコロリ)で行きたいですよ!

昨年の春ごろまでは、古希を過ぎたばかりだが、健康には一応自信があった。 Gymと1万歩程度のWalkin'を隔日ごとに繰り返し、ほぼ体調的な数字はクリアーしていたから! しかし、頻尿気味で大学病院の「泌尿器科」へ伺ってからわが健康に予期せぬモノが待っていた。 初めは腎臓検査から、採血/採尿、CT ScanにMRI、そし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「どうにもとまらない♪~ デフレ・スパイラル!

「失われた10年」が、小泉純一郎と竹中平蔵の「市場原理主義」の導入で企業の一部と富裕層に若干の好況をもたらしただけ! その分、杜撰な「規制緩和」で、雇用に混乱までもたらしたが…。    依然として「貰うもの」が減り続ける一方の一般庶民は「失われた20年」、この20年近くデフレスパイラルの中にある。  そこへまた、PPK(ピンピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れてはいけない…2011年、「フクシマ」の年は去く!

昨年は、政経的には「失われた20年」になり、5年有余も続いた「小泉大衆劇場」のあとは、毎年国民の選挙が泣く とんでもない1年ごとの政権「おかわり」君が、国民感情を遊離させ、「間接民主主義」の危機を孕んできた。 「政権交代」~民主党! これまたそれまでの拙劣な「自民党」以上に、経験も防御もなくサンドバッグのように無責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また「民主党」に裏切られ、「フクシマの年は去く」!

久しくブログも書いていない。 私のブログは「悲喜こもごも」や「義憤」のぶつけどころで、私的庶民的感情に左右されては書く。 この6月に「前立腺肥大」の治療に大学病院の泌尿器科に行ってみて驚いた。 まー、大学病院というところは、全ての病気のCollectionみたいなところだから当然だろうが、泌尿器科はかつてそう注目さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"あーあ、津軽海峡・冬景色 ♪ (しばらく俗世間を離れます)

昨今、政治も経済も「失われた20年」に達する衰亡状況で、書くことも愚痴になり、Blogも力が入らない。 だが、私ごとながら、明日から「前立腺」ガンの手術で入院のため、愚痴以上に辛いことになりそうなので、ひと言言い残すつもりです。 民主党も三色に分かれたまま、「政権交代」のプラスもなく国民の期待を裏切り、鳩山~菅直人と、善し悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70億の世界人口、200を超える国家、そして衰退の日本!

10月31日に生れた世界13万人余りの子供たちへの贈りものか、世界であなたは70億人目の歴史と記録あるBabyであると・・・。 そして、中東の春は政治的に「冬」になろうとしており、アフリカでの中国の利権や中東でのアメリカでの立場が、 その行方を一層難しくしているような…!? そんな急膨張する世界は、人口優先で経済が随行する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「安全という神話」、野田さんは大丈夫!

野田さん、あなたはどちらかというと前々首相夫婦のようにキンキラのセレブ好きで阿呆の見本みたいでもない。 また、市民派が先行し、激情が思考を征し、党内の乱れ、野党の好餌になった前首相とも違う。 松下政経塾卒では、目立たなかったらしいが、庶民的で中庸な方らしい!? しかし、挙党一致で小澤派を征して、野党との攻防にも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本国の健康、社会の健康度、自分の健康と!

いつか酷暑の時機を過ぎたと思ったら、秋の空、秋の風になって来ましたが…。 相変わらず「永田町雀」は、東北の大天災を「枕詞」にしながら、党利党略/私利私欲の政治屋さんが目立ちます。 危急存亡の時故、政治屋さんの整理の選挙も出来ない! 民主党も中は自問党以上に派閥というより寄り合い所帯で、挙党一致という名のもとに、「代…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

なんと貧困、増税と小澤処遇が「争点」の民主党代表選!

先ず、民主党とはどうしようもない党であることを曝け出した。 阿呆な国民を顧みない「代表選」の結果、後日「やはり、まだ菅直人の方がマシだった!」ということのないようにして欲しい。 この国難に「挙党一致」云々しながら、自分の党の首相の首を獲らねば、野党も屈服させられない。 その情けない状況の裏には、二人の大きな壁が存在するから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

これは現代風俗か!?  Exile vs. Yasushi Akimoto's AKB48

おっと、驚いた。 AKBの亜流グループが、全国の大都会に飛び火しているが、さっきのNewsでは、秋元康ご本人が、また一つ「乃木坂38」とか云うのを考えてるらしい。 このGroupは、AKBの選挙キャンペーンで味を占めたのか、Soroなどすべて「選挙」でやるとか…。 秋元康さんは、まだ私が外資系代理店でEvent P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動! Exileと「さだまさし」のCollaboration!

一応作詞家として音楽シーンに関連してきたので、今の「演歌」の作詞家の不勉強と「昔ながら」の語句の並べ替えに、「これでは!」と思って…、国民がだれでも口ずさめる「国民歌謡」は、あの「山口百恵」の「いいに旅立ち」で終わった…と、音楽関連業界誌書いたのがもう10年前近くになる。 その後も若者のStreet Musicianの「乞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故だ!いつまで続く「国民不在のドタバタ政治」!

東電は、自民(党の「党電」か、安全神話で国民の心を盗んだ「盗電」か…)「嘘」の上塗りが、あの老醜を超えた化け化粧並みにボロボロと禿げていく! しかし、これまでの東電と自民党の癒着の解明などしている場合ではないが、あまりにも騙されっ放しの与党(!?) 「民主党」もいい加減にして欲しい! つま先立ってなんとか「居座り」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

首相独走か、狂乱か!?

首相不信任案否決後の「菅直人」首相の居直りと言おうか「独断」と言おうか、私は私なりに彼の正義感に期待していたのだが…。 国会も70日延長されたら、また彼の独断が、与党内の側近までも煙に巻き、野党は怒り心頭に達してしまった。 彼が、「小泉純一郎」的居座りで、解散次期選挙を目指すなら、チョッと小泉節ほどに上手く行きそうにはない!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more