便利は不便!あまりにデジタルに頼らずに!

画像


考えて推敲して、おもむろに原稿用紙に向かった10数年前。

過去、拙著に幾度も書いたが、その後若干売れた「物書き」稼業は、お相手編集者に言われるまま、「ワープロ」から「PC」で原稿を書き、雑誌原稿などのように短い物であればメールの「添付」送付で済んでしまう。レギュラーでない年に幾度かの原稿は、編集者のメールによる依頼。書く責任上、「お会いして話したい!」と言うと、「それには及びません。先生もお忙しいでしょうから、ご依頼通りに書いていただいて、もし校正その他があればメールのやり取りで結構です」との返答!
単発のそんな原稿依頼が年に数本。
そんな編集者とは、上記のようなお返事でほとんどお会いしていない!
本当にこれで良いのだろうか!?」と、時折、便利さを不可思議に思う。


画像


画像






こんなこともある。

我が友人のブログが、そのデジタル紙芝居が如く画像も豊富で、また検索の上手さから大変人気が出てきている。
毎日書いていた彼のブログが1週間ほどとまった。
結構フアンが増えていたので、その最後の日のコメント欄には、「どうしたのですか?」の書き込みも重なってきた。
ブログだけでなく、メールの返事も来ないので、おそらく我が万年ビギナーが幾度か遭遇したOSのヘタリだろうと思っていたら、今朝がた偶然会ったらその通りだった。
ホンマ、便利に慣れすぎてPCがないと廃人ですわ!」と、彼は苦笑い。

こんなこともあった。
あるエアーラインのディスカウント・チケットを購入しようとしたら、ネットだけ受付なので早急に申し込み。ところが殺到したのか、幾度サイトに入っても「システムエラーです。しばらくお待ち下さい!」のメッセージ。
電話の問い合わせは繋がらず、それでも繰り返しトライしてやっと辿り着いたと思ったら、その時間帯のエアー・チケットは「満席です!」と冷酷な表示

どうしてなんでもネットなの!?

デジタルなの!?

人の対話でのビジネスよりシステムは金は掛からないしお詫びもいらないか!?
アナログ」人間に郷愁を覚えるのではないが、デジタルとネットというシステムからはみ出るとコミュニケーションも出来ないようなこの頃…。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック