「立件断念」について

まったくもって残念ですね!内河でしたか、あの総研の豪邸住まいのご老人。とにかく、「なんとか総研」というシンク・タンクが政経へ云々するのが多い現代。
画像
画像

あのしたたかさには「市場原理主義」を逆手に取った村上世彰も敵わない。

 画像

















この小泉政権の国民にもたらした痛みと壮大な格差社会!「9月に去る者は追わず!」でしょうが、言いっ放しの小泉劇場。安倍晋三氏ではまた大衆演劇の安倍劇場にごまかされそう! 

資本主義社会はアメリカ型の格差肯定社会なれど、そこには常に対応する人がいる。セーフティ・ネットが用意される。民主党が偽メールに振り回され見逃した数件の偽装云々も、極めて国民を蔑ろにしたもの。
 
8月15日に小泉純一郎、靖国参拝。
 ”即刻、胡錦涛国家主席国交断絶も辞せずと激怒”、日中貿易5000億が人質とならぬようありたいですね!
 自分の美意識より国家安泰への一歩を刻んで小泉劇場はカーテンが下りて欲しい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 立件断念

    Excerpt: やっぱりな結果になりました。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2006-06-08 20:51