テーマ:日本の政治

選挙の嵐の次は、台風11号の嵐!

民主党がLand Slide(地滑り)的な圧勝! 何も変わりはしないかもしれないが、今までの「閉そく感」からの気分転換はある 国民の「参政権」を人質にした「自民党」への圧倒的非難の嵐! でも、「落ちた人がなぜ復権!?」という…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

麻生太郎 来たる!

成田から帰ってきて、ユーカリが丘の駅まで用足しでクルマを停めたら、そこらじゅうに「捨て看板」: 8月23日(日)2時30分、ユーカリ駅北口に、内閣総理大臣「麻生太郎」来たる 遂に、我が家からクルマで5~6分の駅前まで来て集まったお年寄りに握手をしに来た。 「民主党」の候補の事務所からも近く、おそらく自民党世襲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日~靖国も静かに!

昭和20年(1945)8月15日。 戦争終結の「玉音」放送を、小樽の自宅で両親と共に聴いた。 真空管の古ぼけたラジオの天皇陛下の声を聞いて、しゃくり上げるように泣いた、涙が止まらなかった、 そんな人々の声も今では遠くなった。 小泉純一郎が意固地になって参拝したあの靖国神社も、選挙戦最中で劣勢にある自民党の有志も寄り付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり、「奪われる日本」!

5年5ヶ月に及ぶ小泉政権は何をしたか!? 私も機会ある毎に、ビジネス誌や購読誌のコラムに書いてきたが、新鋭の関岡氏の標記の書は、我が思いとほぼ同じ、弱者切捨て、小泉~竹中路線での日本資産のアメリカ金融資本への売り渡しを解り易く書いている! いくら単純な「小泉純一郎」でも、”これくらいアメリカに貢献すれば「北朝鮮」の核…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

我が故郷、小樽。レトロな運河通り、熟年のロマン誘う叙情の町!

本当にブログを書かなくなった。 政治経済に参加しようと思えば思うほど空虚になる。疲れる! 天に唾する気持ちまでしてまでは書けない。 安倍晋三のImitation White Houseの行方など、どうでもいい。 ただ、この10月から押し寄せる国民の望まない「小泉純一郎」の置き土産(年金・介護・医療などでの老齢者・弱者イジメ)だけ…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

熟年Love Story「マイ・ラスト・ソング」、小樽運河!

このところブログはご無沙汰している。 我が僚友「おいどん」大兄のように歯切れの良い「デジタル紙芝居」も造れない。 政治・経済・社会問題を追及するのにも些か疲れた。 小泉が「促成栽培」した安倍晋三のNew Right Wing観には、「戦争を知らない子供達」の危うさがあるが、小泉と同じ「人気先行」でどこまでやれるか今後のWatchが…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

小泉政治の残したもの、格差社会とささくれた人間関係!

天上天下唯我独尊の小泉純一郎は、無難な諸国への「卒業旅行」を終え、閣議で総裁選出馬の三人を揶揄しながら去ろうとしている。 小泉純一郎は、冷酷無比で協調意識なく、それだけに変人政治として強引さだけが目立ち、しかし人間としては解りやすい人間だった。 ただ独りの盟友Bushのために、USA金融界のために竹中平蔵というEasyな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

驕るな、安倍晋三!だらしない自民党の安倍雪崩現象!

なんとまあ可哀そうに、あの太っ腹の自民党国会議員達が「小泉純一郎」に牙を抜かれ崩壊したのか、政治理念がないのか、総裁選は猫も杓子も「安倍晋三」支持のLand Slide 現象! 勝ち馬に乗れ!その馬が駄馬でも、数が物言う国会ではそれしかない! そんな自立しない国会議員が、政策も理念も曖昧糢糊とした安倍晋三に雪崩を打つ! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美しい国は、君に任せる!(小泉純一郎)

最後の最後まで総裁選への立候補を延ばして、周囲の雪崩を打つように、派閥を超越してあの姑息な議員達を貴君に靡かせたのは、我が小泉劇場での演技に磨きがかかった結果! 安倍晋三君! どうか、「美しい国」を造るよう心から祈念する! 私は、自民党内があっちこっちと騒いでいるのを横目で見ながら、卒業旅行に普段行けなかっ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

美文メッセージ「美しい国へ」、本当か!?

久しくブログは尊敬する他人様のものを見てはコメントを書き込むだけで来ました。 我が故郷の駒大苫小牧が「ハンカチ王子」に敗れたショックでもなかったのですが…。 あまり高校野球は見ないのですが、今年は日本人の一人として、「アナログ」人間として、あの壮絶な爽やかさに感動しました。 彼らが次代の日本を背負う頃、日本は「美しい国」になっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

行った小泉純一郎! ヤッタ、駒大苫小牧!8月15日午前

行った!小泉純一郎! 「ヤッタ!」、駒大苫小牧!! (この61回目の終戦記念日に) 靖国参拝は、「公約なんて云々」した小泉劇場座長の最後の見せ場だったのでしょう! 国民が騒ぎ、マスコミがそれを煽り、小泉純一郎の劇場政治に充分過ぎるフィナーレ! ご本人は予想通りの展開に満足でしょう。 …
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

お帰りなさい、小泉首相!もうすぐ8月15日です。

小泉純一郎殿 散々、広島と長崎で取材陣に「心」の自由を説いて、チンギスハーンのモンゴルですか!? 朝青龍と白鵬の活躍をご報告でもないでしょう! 中国の上空をFlightしての往復は如何でしたか? 8月15日の貴方の「靖国参拝」は、国論を二分する沸騰かと思いきや、中国もおそらく貴方の冷徹で非情な性格から最後の公人であり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

変人ならば、変人らしく潔く!靖国よさらば!

変人ならば、変人らしく潔く!靖国よさらば!「男」小泉純一郎! 「靖国問題」には、昭和天皇の冨田メモ、それに続く安倍晋三氏の姑息な隠密参拝、それにA級戦犯合祀にまつわる旧厚生省の在り方など、私なりに2~3の書籍も眼を通しました。 それを辿ると「靖国神社」参拝は、結局「東京裁判」の侵略戦争を否定するこじ付け的な自衛戦争などと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

今頃、何故だ! 周到な安倍晋三、総裁への道!

何故、この時期に安倍晋三は、4月15日「靖国参拝」を側近にリークさせたか!? 8月15日の小泉純一郎の参拝時点での課題視されるのを避けた。 線路は既に引かれ、総裁になってからの「靖国神社」秋の大祭(10月)では、日中・日韓関係改善に大きく水を差し、小泉路線の誇張拡大にとられる。 せこいことは止めよ、安倍晋三! 小泉的…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

偽装労働に上滑りの景気回復。人間を人間らしく!

仕事でもそうだが、昨今の社会背景を考えると「書くこと」に空虚な思いが強くブログもお付き合いの元気な方にコメントをさせていただくことの方が有意義に思う。 でも、久し振りに我が失意の「早期退職」時のことを思い出して書かざるを得ないと思った。 小泉~竹中の市場原理主義は汗と英知のないヒルズ族という若い拝金主義者を生んだ。 裏で操るの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

谷垣禎一、支持率最低だが、実直さと誠実さが魅力!そして今年の前半は!?

なんと先般のTownMeetingでは、小泉首相の口から同席する安倍晋三を支持する口振りが目立った。 福田康夫の不出馬宣言以後、ポスト小泉レースは、現小泉首相の意のまま安倍晋三の独走、そして小泉の丸投げ課題を彼が処理できるのであろうか!? 役者でもない。タレントでもない。女性に人気がある。マスクが良い。若さがある。 ~などと、また…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

去る時ぐらい「人(ひと)」であれ! さらば、小泉純一郎!

イージーな市場原理主義の導入と規制緩和、そして金融の最高責任者「日銀総裁」の個人的未練で崩壊した日本という規律ある「国家の品格」。 5年近くになる国民的政権と期待された小泉純一郎のメディア操作による小泉劇場。 それを痛みを堪えながらもまだ期待してきた国民への非情な「政権者の人格」。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不要な嵐を呼ぶ男!小泉純一郎!!

国民に関する重要法案の審議など忘却の彼方、BushとPresly詣でしか頭になく自分の予定通り国会を延長せず閉会にすると生き生きとアメリカへ! 本当に「テポドン」がPreslyの物真似で悦に入り、Bush一家に苦笑いされている時でなくて良かった。本当に幾度も言うけど、変人を売り物にしていれば常識を欠いても平気、自分勝手も平…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

情報収集OK、されど迎撃ミサイルなし!

日本国平和憲法も正念場! これまで長い間、戦火の防壁になってきた第9条! 安泰なるかな日本!  小泉首相の大見得切った靖国参拝と日中・日韓外交の空白! そこを突いた様な北朝鮮のミサイル演習・実演即売会! 4日未明から入ってくるNewsはFIFAのW杯から北朝鮮のミサイル発射に急変した。 地政学的に北朝鮮の中国・ロシア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「スカッド」「ノドン」「テポドン」と実演即売会か!窮鼠猫を噛む北朝鮮!

7月1日、我が故郷小樽で、願ってもない米空母「Kitty Hawk」の寄港に遭遇した。ホテルの正面の埠頭に、その勇姿はイージス艦・巡洋艦2隻と投錨した。 6年振り2度目の寄港であるという。最初のIndependenceが寄港した時は、14万5千人の小樽に全道から野次馬が36万人も集まったと聞く。 戦争がなければ必要の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本の家族はどこへ行ったのか!?

我が僚友「おいどん」大兄がブログで嘆いているように、このところの尊属殺人の多さはどうしたことか!? 尊属殺人(家族内の殺人)は、最低であり最高の犯罪であった。 しかし、「尊属殺人」などと言う言葉は死語になり、チョッとしたコミュニケーション・ミスで、心のすれ違いで、「親が子を!」、または恐ろしいことに少年法該当以下の子どもが「親」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本のW杯は終わった。Supportersの涙とヒデの不燃焼!

2006年6月23日(日本時間)、奇跡は起こらなかった! No miracles have taken place. つまずきは名将Hidinkのオーストラリア采配に破れた戦略なきJico’s Japan. 終わってしまえばナンとでも言えるが、初戦のあの完敗。粘りなきDFと終盤に弱いいつものJapan's Succerを露呈。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「立件断念」について

まったくもって残念ですね!内河でしたか、あの総研の豪邸住まいのご老人。とにかく、「なんとか総研」というシンク・タンクが政経へ云々するのが多い現代。 あのしたたかさには「市場原理主義」を逆手に取った村上世彰も敵わない。   この小泉政権の国民にもたらした痛みと壮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

格差社会は、「成果主義」と「時給社会!」か!?

あの小泉~竹中路線のアメリカファンド導入型「市場原理主義」とそれとセット化された「規制緩和」は、「景気回復」の導火線のように誇らしげに彼らは語っているが、その一方で日本型経営・雇用の美徳の企業内協調や人間関係までも破壊した。 新成金族を輩出しているかのような六本木ヒルズタワー。 みんながみんな成金ならお目出度いが、その一握りの新…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

景気回復は本当か!? 賃金デフレは続く!

9月の自民党総裁選のお祭り騒ぎの前に、小泉政権5年間の「光と影」論議がメディアを賑わしている。 小泉純一郎しか出来なかったことは、あの出鱈目な「派閥政治」の無視と、丸投げなれど数多くの改革案(改悪案~大増税の助走、介護医療費の負担増、医療費抑制を口実とする弱者・長期入院患者の追い出しなどもあり)、ブッシュチルドレンとしてのイラクへ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

景気回復の予感!? そろそろ値上げラッシュ!

小泉さんのお陰で国内は「改革があったのか(!?)景気回復の兆し!」 それにしても、特別会計という国債除きの大盤振る舞いの後始末は、ついに社会保険庁長官へまで飛び火したが、その箱ものの幽霊建造物が放置されそう! さいたまへ建造された「お仕事館」(550億円とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり、日本はアメリカの第51州目か!?

世界の警察アメリカは、イラク問題では、軽率にも大量殺戮兵器が見つからず「人権」問題に開戦テーマをシフトして乗り込み、ヴェトナム以上に難しい宗教問題の渦に巻き込まれている。 イラクの政府が発足したという情報と同時に、「イラク民間人の死者3万5千名以上!」「容赦な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「小泉首相と小沢代表 初対決!」

まったく同世代の政治の世界を知り尽くした二人の対決!どちらも人望には遠く孤高を保ってきたが、それが派閥との対決も辞さずと上手くメディアや民衆を呼び込んで成功した小泉Show劇場政治。メディアの採り上げ方を云々しながらも、大衆に歌舞伎役者のように大向こうを意識して「大見得」を切って5年間、天上天下唯我独尊を通したのが小泉さん。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「麻垣康三郎って、小泉劇団の後継者!」について

「麻垣康三郎って、小泉劇団の後継者!」について 何をもって次期総裁とするか! 自民党内部での動きが見られない。派閥を小泉さんに解体され、大派閥の領袖とその身体同様にご立派に派閥と称しているのは森喜朗さんだけ。その自派閥の分裂調整(安倍~福田)までキングメーカーが、小泉純一郎に釘を刺されている。正に、小泉首相は、日本国内においては「天上天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻垣康三郎って、小泉劇団の後継者!

小泉純一郎はお釈迦様か!? 天井天下唯我独尊! 80名を越す大派閥になった森派の先代首相(支持率最低)森喜朗氏は、たなぼたの派閥の分裂を恐れ、総裁選候補を福田~安倍の継承作戦を考えて派閥内調整をしてたらしいが、 小泉純一郎の「立ちたい人には立ってもらえば良い!」のひと言で、自称キングメーカーは、自分の派閥にいた変人首相の一喝に持論…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more