テーマ:日本の政治

格差社会、「北の町から!」

千葉7区の補選が終わると、小泉さんは「勝ち続けるのもあまり良くない!」と、綱紀を引き締めた。 そして、武部さんも補選の責任を引き受けるかのように、裏で点数を稼ごうと中国に向かった。 小泉さんの靖国問題では、同盟国のアメリカでさえ、「中国や韓国と上手くやってくれなければ、日米同盟にも影響する」と高官諸氏は困惑のてい。単なるブッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)」について」について

「「たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)」について」について たかが補選、されど補選!小泉政権5周年記念の本日に、自民党勝手政治、特に小泉の影業師~竹中平蔵~の市場原理主義導入は、アングロサクソンの冷徹さを日本に持ち込んだもの。あんな学者崩れのアメリカシンパと小泉のポチでしかない安倍晋三が、小泉Cryingの絶叫なしで何が出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)

去る4月23日、自民党小泉政権では最後(!?)の国政選挙。 メール問題のゴタゴタを処理して久し振りに野党の前面に立った民主党小澤一郎代表の初の勝負! 有権者数約38万人。 投票率は49.5%(前回の64.75%より15%ほど低い)と、30%台が通例の補選にしては高投票率らしいが…。 自民党の総力戦。小泉チルドレン83名の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

明後日、千葉7区衆議院補選!

この独断専横な小泉純一郎と愚鈍こそ我が命、偉大なるイエスマン「武部勤」で、前回の郵政民営化選挙は大勝しました。 その時に生れた一年生議員が「小泉チルドレン」! 彼らも、小泉首相のポチ閣僚も、一斉に千葉7区補選の落下傘候補「ジャンケンポン、サイトウケン!」の応援に集結。 元キャバクラ嬢(26歳)県議1年で国会議員への八艘飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小澤一郎、千葉7区補選が初戦!

まだお呼びでない筈の四人衆まで千葉7区補選に集結です。 あの83名の小泉チルドレンも大挙して彼らと同じ境遇、まったく地元の関係のない落下傘降下候補、「斉藤健」氏の応援です。 武部幹事長は、ジャンケンゲームで「サイトウ、ケン!」と知名度アップに懸命です。 一方、民主党は、小澤一郎新代表は、旧自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Old wave,but new start!

     何を言っても天に唾するごとく、空虚な回答が頭に降ってくるようで疲れました。 日中関係がどうあろうと、安倍普三が小泉のポチ振りを全うしようと、我々には関係のないような政治の世界。 経済は世界の趨勢は中国からインドへ! しかし、靖国の神々に拘束されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去に拘らず、心機一転!

前原誠司殿、ご苦労様でした。 さすが松下政経塾では、清廉潔白でディベーツを活かす政治のあり方は習得されたでしょうが、残念ながら「政治」の裏道やアンダー・ザ・テーブルでのやり取りは教わらなかったでしょう! 永田議員もお坊ちゃま。 結果的には嵌められたとしか思えません! 自民党の狡猾さにズルズルと、この問題への退け時まで失いまし…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

早春から陽春へ!されど政治は!?

あの永田議員のガセメールでの与野党のやり取りの終始と国民不在にいい加減嫌気が差しました。 あの永田議員の無責任さにも呆れますが、小泉首相の遥か3年前の「イラクには大量殺戮兵器が隠されている!」という世界的なガセ情報を掴まされ、その結果アメリカの後配備的な戦争への参画は、世界的にも確認されたブッシュのガセ情報を受けた小泉首相の決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党、陳謝 !! 飛行機の飛ばない空港!

今朝の新聞の片隅に、武部自民党幹事長とその令息への陳謝文が載せられていた。 私も人間を長くやっているが、「商品の不良品とか不手際とか」をお詫びし今後のご愛顧を願うコーナーである。 民主党は、万策尽き渡辺恒三長老に国会対策委員長をお願いした。 渡辺黄門は、あの素朴な福島弁で、会津の「起き上がり小法師」を役員会に持ち出して、参…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「特別会計」って、なんですか!?

素人なんで申し訳ありません! 「特別会計って、ナンですか!?」 あのお騒がせの永田議員のガセ・メール問題で、民主党も前原代表以下「さすがに若い!」、何も言えず、 4点セットの攻めも出来ず、そのうえスンナリと平成18年度予算は衆議院を通過しました。 我々国民は一般会計で税収が足りなくて毎年国債で穴埋めしていること程度し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春なのに、残念ですね!

「春なのに、球春の春なのに!ご辞退ですか!」 誠に残念な我が故郷の椿事、駒大苫小牧高校の夏2連覇、その後「国体」「明治神宮記念大会」も優勝と、雪深い我が故郷の健児たちは頑張った。昨年夏の予選以来、公式戦29連勝中だった。本当に、誠に残念な卒業式後の前野球部員たちの飲酒・喫煙行為で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

術中に嵌った民主党!日本政治に春は来ない!?

誰がどう言おうと、永田議員の軽率な質問で与党の議員のそれも家族に攻撃をかけた罪は重い。 それに、前原代表、野田国会対策委員長、あなたたちは、野田議員の浅慮な行為をこれまで見てきたはずだ! 「前原組みし易し。このままの方が4点セットの追及もされず、貸しを作ったようなもの。前原首脳陣どうぞ謝罪だけで結構!」と、小泉首相は笑いたいのを我慢…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軽率な若さ、民主党!

「ナゼダ!」 あのメールの件は、1ヶ月以上前からマスメディア(テレビ/新聞など)では知られていて、信憑性がないと、どこも採り上げなったものだと聞く。 若さが清新だった民主党が、今回の堀江メール事件では「若さ」の軽率さが墓穴を掘った。 前原・野田の若さが永田議員に自重を求めなかった!? これでは、老獪な自民党に嵌められ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ウソかホントか、子供騙しの政争か!?

造らないはずの道路が「民営化」になったら国税と地方の自己責任で造るという。 小泉純一郎の手を離れた「改革」は「民営化」という綺麗事の結果、族議員と地方のニーズで骨抜きにされる。 小泉改革は、「改革なくして成長なし!」の言葉以外、その後には責任を持たないようだ。 また、55年体制の自民党が、早くも小泉後を考慮して策略・徘徊を始めてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どうにもとまらない!(改革破壊か!?)

まったく猪瀬氏や大宅氏の努力はどこへ行ったのか!? やはり小泉政権は末期症状か!? あの道路公団の民営化は、55年体制自民党を破壊したのではなかったのか! 民営化して名目的に分割された「道路公団」が、民営化の旗のもとで税金を使って、国民的には「凍結」したはずの高速道路をすべて作るという。 小泉純一郎よ、これが「改…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「改革」という弱者切捨て!?

昨日も書いたが、日本で長期政権の記録を作る小泉政権は、55年体制以後の自民党政権と同様な末期症状にある。 彼の変人ぶりで国民を馴らした、常識的でない部分を孤高に頑なに詭弁でやり過ごす国会答弁。 「小泉だからできた」「小泉以外に誰がいる!?」と、自分達の余生を握ら…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

小泉政権、去る者後を濁さず!

変人小泉さんでも、長期政権で大量なイエスマンに囲まれていると、過去の自民党政権と変わりない不実な歪みが顔を出すものである。 そのうえ、変人と銘打たれていることを良いことに、勝手のし放題。国民には毎日の取材では他人事のような顔でのコメント。 市場原理主義と格差社会を「景気回復」と仰る竹中流の偏重詭弁を受け継ぐ情けなさ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如月は氷雨でスタート、国会は!?

小泉首相は改革という「名前」とツケを残して去るのか!? 年金をカットされるとも知らず、大増税の伏線のあるのも知らず、世の年金貴族(60~)は、「小泉さんだから出来た。自民党まで黙らせた!」と、小泉専横首相を評価する。 果たして、何が出来て何がプラスになったであろうか!? 名優「小泉純一郎」は4年数ヶ月、「改革なくして成長なし!」と…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

拝金主義と時価総額!

アメリカ資本主義的な「市場原理主義」というマーケットの放任は、「頭を使え!」と時代の寵児だった青年をホリエモンというラッキーからドザエモンのような奈落へ叩き落した。 誰もがそうは言わないが、私ごとき素人にも、アメリカン・マネーへの小泉~竹中路線の規制緩和・ウェルカムの結果であると理解する。 本当にこれで良いのだろうか!? そう思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アナログ」で判断力を!人間力を!

ホリエモンはデジタル・ネット志向の学生や若者のスターだった。 それが、ホリエモンからドザエモンに乱降下しそうである。 これも、人間の思考・常識・判断力、そして経験を経ずして安易にネットに彼らを誘導したホリエモンの過激的良さでもあり、思考力や判断力を欠く彼らを短絡的にネットやデジタルの世界に誘った罪かもしれない。 そこへ行くとI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市場原理主義と格差社会!

今年は小泉政権のファイナル、彼の改革の仕上げ(実質はいつもスタート)の時期である。 相変わらずの偏米一辺倒で彼の知恵袋兼ポチの竹中平蔵総務相、まったくのポチでしかない安部晋三官房長官と小泉劇場のカーテン・コールに向けて突っ走る。 国民の痛みはまだこれからというのに、彼らの麻酔でその痛みをごまかされてるうちに、来たる9月に小泉劇場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小さな政府と巨大な借金!

昨日は、55年体制の自民党50周年の式典が行われた。 小泉純一郎氏への忠節を誓う党員の集まりであった。そこに、あの杉村太蔵青年が、大学の応援団のごとく50周年宣言をした。かつて書いた「政治の大衆化!」で、稲毛屋の社長もこの青年も、そして財務官僚も、更に外資系エコノミストもと、自民党大勝のお陰で政治の大衆化が広がり、小泉首相最大の功績だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

杉村太蔵議員と「フリーター&ニート」!

今や、社会ずれした83人の小泉チルドレンの中で、本当の「チルドレン」は、あの迷言でスタートした杉村太蔵議員である。 現代、デジタル化時代の即出世の星である。 先に83人の新人は良い意味では「政治の大衆化を現出した」と書いた。その際たる者が、我等庶民の星、杉村太蔵議員である。あのデジタル化とアメリカの禿げたかファンドの提携で、六本木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圧勝の是非、驕るなかれ!

日本シリーズは、千葉ロッテ・マリーンズが31年振りに4連勝、トータル点33-4と圧勝に終わった。 経済界では、トヨタの1兆円利益、生産台数では来年にはGMを超えて世界一を視界に入れている。千葉ロッテ・マリーンズのファンサービス、地元意識など、またトヨタに見られる人間尊重やカンバン方式など、その努力が現在を創り上げている。一方、I T …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あの反対なんだったのか!?

郵政民営化法案は、なんら修正もせず200票の差で衆議院を通過した。毅然として前回反対した野田聖子まで賛成に廻った。反対だった議員の大半が、「今回の選挙の民意に沿って!」という口実。無知な無党派層が、小泉純一郎のシンプルな恫喝に乗せられたに過ぎない。その結果、右も左もわからない小泉チルドレン83名は当然のように「賛成票」。この次に来るの…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

マドンナ議員の初質問!

昨日ですか、「郵政民営化」の民主党の対案に対して、小泉純一郎の「喜び組」ならぬ、マドンナ議員が質問に立ちました。 さすが、財務省9人の主計官の一人だった「片山さつき」議員は堂々としたもの。「予算の配分は私がやっていたのよ!」といった感じでした。 一方、ビジネスの世界では秀でていた「佐藤ゆかり」議員は、そのデビューらしさに大向こうの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

阪神優勝セール!

昨夜、阪神タイガーズは過去の宿敵「読売ジャイアンツ」を5-1で破り、2年振りのセ・リーグ優勝! かつての星野タイガーズの時とはまた違った感動を覚える。 ところが、一夜明けての本日、阪神に縁もゆかりもないスーパーやデパートまでが優勝感謝セール。日常の消費不況は相変わらず。一部の金持ちと二極化するアメリカ型経済下で、売り手も何か切っ掛け…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

政治の大衆化!

*政治の大衆化は、小泉純一郎最大の快挙!  小泉純一郎は、杉村太蔵流に言えば、「小泉純一郎はブッシュ・チルドレンである」。  新々人類で、サラリーマンでも新人に近い派遣社員のヒラリーマン「杉村太蔵(26歳)」は、正に今回の自民党大勝利の誤算の結果であった。過去の政治を見て、民主党が「松下政経塾」出身の若手政治家を輩出させたのとはま…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

前原誠司殿、希望を持ってよいですか!?

昨日の民主党の代表選挙には、2票という僅差で、過去の顔であった菅直人氏を破って、若手のホープ、前原誠司が代表の座に着きました。 代表選挙前は、狡猾で恫喝的で冷酷な小泉純一郎の相手としては、来年9月の任期までは、小澤一郎氏か、菅直人氏で、国会運営を果たしてから禅譲のほうが良かったかなと思っていました。 あの老獪な国会答弁すらはぐらか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あと3日、この国の行方!?

このところの新聞その他の世論調査では、与党圧勝、自民党単独で過半数を獲る勢いという。 小泉純一郎の良く言えば捨て身の選挙戦。悪く言えば、あと1年の任期だけを考えた自分のボルテージ。 でも、国民にはわかり易い。何も言ってない。この国の戦略、将来を語っていない! 「小泉純一郎だ!郵政の民営化だ!それだけだ!」と、単純に小泉マジックは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more