テーマ:社会

小樽、「雪明りの路」・・・北の旅情!

今週は、札幌は私が学生時代に始まったあの雪まつりの巨大化Open! その裏番組とでもいおうか、ノスタルジックなレトロを売り物の「小樽」の「雪明りの路」。 キャンドルの小道に小樽運河、そして私が育った近くの引き込み線の「手宮線」跡会場の雪のトンネルと…。 小樽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まあ、常識的に!

知っている? 「御社」と「貴社」の使い分け !? http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1097160&media_id=95 私はサラリーマンから作家へ転じたので、「御社」「貴社」、「弊社」「当社」の区別は必要から使い分けてきました。 昨今、この年齢になると、手紙(Not …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒼空と寒風と、Walkin'・・・!

昨秋、下手な筋トレから肩を痛めて以降、Gymではあまり上半身を使えません。 未だに「違和感」が残り、あまりに長いので、Gym通いよりWalkin'の日々が多くなっています。 本日も、果てしない蒼空の下、寒風も厭わずに約1万3千歩(10.5K)、住宅街から、小川に沿って、そして田園風景の中を歩きました。{%キラキラw…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

情より現実、「世の中」乾いています!

リーマンショックを機に、退職交渉で引き止める上司が減少――リクルートエージェントが報告 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1084923&media_id=94 まだ転職が罪悪であった頃: 私は「花王」に入社後、2度転職しています。 上司/人事部長/専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yesterday once more - Radio!

どうしたTBS…女子アナブランド調査で“入賞”ナシ http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/206/fuji_100114_2067151826.html 各局(とくに中央のキー局)の女史アナは、何をするのか(!?)、局の顔でありながら、容色衰える前にスポーツ選手か芸能人を将来の伴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「阿久さんが書かなかった部分!? ~「心中」

いや、よく晴れてます。 いや、良く燃えてます、太陽が…。 今夜、2008年8月8日20時(8)時8分に、国家の威信を懸けて、歴史にエポックを記すべく北京オリンピックが開幕します。 そんな北京の空は、こんなに澄んではいない。 「太陽が霞んで見えるようだ!」と、友人は云ってきましたが…。 相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう、阿久さん ! 本当にありがとう!

ここ数日、売れる予定のない原稿を書き始めている。 今の若い編集者への提言も込めて、デジタルで希薄になったビジネスと人間性を考えたものである。 チョット小休止と、NHK歌謡コンサート特別プロ「阿久悠、歌よ時代を語れ!」の前に座ったまま、あの日あの頃を思い出す。 渡辺音楽出版では「なかにし礼」が売り出し中で、「新人作詞家も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿久さん、天国の景気は如何ですか!?

昨日、昭和の歌聖「阿久悠」さんが亡くなって一周忌。 「スター誕生」で井原プロデュサー、池文さん等と、数多くのアイドルを育てた縁で、NTVが実録を若干デフォルメした「ドラマ 阿久悠物語」を昨晩On Air もう30年近く前になる「Office Two One」所属「作詞家」時代の阿久さんとの対話、議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「乙女のパンチ(最終回)」に感動!

いつも、本を書いたりエッセーを書いたりするとき、 「感動のある人生を!」と書く。  これは、私自身にとっての安易なデジタルやネットへの依存でなく、人間として素朴に自然に、人間に感動したい!という思いからなのです。 静ちゃんの「乙女のパンチ」(NHK最終回)、汗を拭いながらエアコン入れず、扇風機の風に汗しながら見ました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「そうだ 浅草 行こう!」、そして「CHANGE」だ!

 この3日ほど30度を超える暑さだけど、梅雨は明けない。 一昨日、昨日は、幸いにも海外からの友人と「Hilton Narita 」で心地よい気温の中で、飲んで喋って日本の将来を憂いていた。 本日は、Back to the realityと、現実に戻る。 午前中は、K…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

顧みれば、「絶不況、出版界!」

絶不況、活字文化! そう云えば、この本が出たのが05年の12月。 「デジタル」の便利さを利用する前に、アナログで「人間力(常識・経験・学習~判断力)」を養うことをやさしく提言したものだった。  安易に簡便にNet社会に「遊びこむ」若者が多くなって、人間を知らずに人間忌避になり、そんな連中やその親や先輩には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今は昔、「作詞家稼業のウラ・オモテ!」

過日、ある編集者と話した際に、私の「作詞家時代」の話がとても興味深かったらしく、「作詞家稼業」について新書版程度の軽い読み物を書いてみないか!?……と、誘われた。 今の和製Rock(本物のRockには程遠い)か、Street MusicianのCryingには歌う文句はいるが、「作詞」はほとんどない! これまでの歌謡曲の「詩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リーダーシップ、でも小泉さんはもうたくさん!

どうも政治の世界は五里霧中、一寸先は闇である。 しかし、それが当たり前と、責任を取らない政治家が多い。 今、”物価は上がる。サラリーマンは「音」を上げる!”という原稿を書きながら、ふと以前に書いた原稿を読み直してみた。 その原稿は、丁度、小泉純一郎から安倍晋三が政権を禅譲され、あの参議院選挙大敗以前に書いたものであるが、現在の「年…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅雨寒には早そうな…!?

梅雨寒には早そうな…!? 昨日、夏物のセーターを重ね着した。 氷雨の中、本屋で1時間ぐらい何を買おうか見回って、結局「貧困大国アメリカ」(岩波新書)が見つからず何も買わずに、Tom Hanks主演のおよそ日本にはいそうもないアメリカ的Showman-shipのある議員「Charie Wilson's War」を見て帰って来た。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本無責任時代~そのうちなんとか…?

たまに難しい政治や経済を論じても、Blogのお仲間にはそんな話は馴染まないのだろう。 アクセスが急ダウンする! 今や政治においては正に小泉純一郎の「虚構改革」、安倍晋三の「美しい国」からの脱走、そして貧乏くじか、福田康夫の弁明の毎日である。 みんな種だけ撒いて、「年金」も、「介護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「演歌」は南じゃ流行らない♪…

Jeroの「海雪」を日本好みのMalaysiaの友人に聴かせたら、驚きました。 Is he a black? Unbelievable! ! それほど日本を知ってる友人でさえ、時には歌った「演歌」との違いを察知したようです。 まだ、私が、花王のMKマンで二足の草鞋で、阿久さんのいる「Offi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RapかBlues演歌か、「海雪」(Jero)♪

2年前から「企画」を温めている新サラリーマン小説「ユーカリが丘Story ~ 当たり前の家庭!?~」を書き始めているが、どうも筆(否Key)が進まない。 40代のサラリーマン・コア家庭の「デジタル」(ケータイ、ゲーム、PCなどでレス・コミュニケーションになり家庭崩壊!?)による人間の肌感覚がなくなって家族が、いや家庭が崩壊する過…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「悪夢」~ 拝啓、NTT東日本広報担当 殿

昨日は、正に「悪夢」の一日であった。 メンタルな疲れが、今日まで持ち越している。 昨日、午前10時過ぎ メールをチェックして仕事を始めようとPCに向かった。 私と相性の悪いWin‐Vistaを起動させた。 Security Softの作動を確認してから、Windor-Mai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サクラ、さくら、桜、佐倉の桜!」

本日は、「花冷え」、「花曇り」から「氷雨」へと変わった。 史上三番目に早く、今年の開花宣言第一号の「東京」の桜は、昨夜の「上野公園」の「桜か、酒か、カラオケか!」のドンチャン騒ぎを見取ってこの雨に静かに散っているのだろうか!? 「サイタ、サイタ、サクラガサイタ!」… どれだけの人々が覚えておい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなた、変わりはないですか? ♪

「あなた、変わりはないですか…」 阿久さんのレコード大賞の「北の宿から」の出だしである。 単純な中にも、その心思いが詰まっているフレーズである。 「もうすぐ、桜も満開ですが…」、福田首相に、小澤さん 先ほど、「政治は”聖事”じゃないけれど…」という原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌謡曲か童謡か、「およげ!たいやきくん」

まいにち、まいにち、ぼくらはてっぱんの… 前回は、振るわぬ演歌で、売れる歌作りの見本みたいなJeroの「海雪」のことを書いたが、 懐かしい曲がリバイバルした。 「およげ!たいやきくん」… 今を去る30数年前、子供対象のTV番組全盛の頃に生まれた。 Releaseが1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「海雪」(Jero)~久し振りに演歌を聴く ♪

今月初旬、Hilton NaritaのHealth ClubでJog & Walkの際に右膝に「違和感」を覚えた。 丁度、以前にTrainingのし過ぎで「腰」を痛めた時と同じような感覚。 年齢を重ねるごとに幾らかずつExersizeのVolumeを増やしてきたのが「裏目」に出てきたのか、2月初めからJog&Walkを9km…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まちかど」……♪

 私が現役から遠退いて余り出掛けなくなったせいか、最近の東京の繁華街のはしゃぎ振りには従いていけない。 たまに都内に出ると、東京のMainStreetは、一部富裕層の人々か「東京見物」の観光客の見世物みたいな感じがする。 格差社会で、一億総中流から下流社会に転落した「消耗品…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

洋画のタイトル!

昨日、「Elizabeth, the golden age」を見た。 確か、先先週は「American Gangster」を見た。 思い起こしてみると、花王から外資系の「サラリーマン」時代には、よく本を読んだ。 月に本代に1万円ぐらいかけていた。 アナログ時代の教養は、やっぱり読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春陽、春一番、そして「この頃」…。

午前中は「桜」開花頃の陽気 午後になると、僅か1時間ほどの間にSpring‐heheralding storm(春一番) 街を歩いていると、暗転する空のもと、色んなものが飛んでくる 浪費文明の象徴のように、SuperやConviniのポリ袋めいたもの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Valentainも終わって…!

この頃、中途半端なことばかり、しばらく書くことがない。 アメリカの大統領選挙の行方を書いても、ビジネス誌の読者ではないBlog対象の皆様には興味がない。 と言っても、ValentainのChocolateが、この初老の作家にも幾つか届いたからって話題には程遠い。 さすがに、世の中は正直で、数年前までのソコソコ「売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降ります、積もります。 静かです!

この冬、二度目であろうか!? 明け方から雪が降り始め、積もってきています。 雪の降る音が聞こえるかのように、とても静かです。 「つなぎ法案」などと、みっともない法案を作る議員。 それに何ら対応できない与党・野党の政治屋さんたち! 日本の政治も、経済も手詰まりです。 こんな時だから、屁理屈は余所に、「ガソリン暫定税…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬天狗と白い馬~時代劇はSimpleが良い!

以前にも、このBlogで紹介した「三丁目の夕日」(西岸良平~ビッグ・コミック連載)は、日本が敗戦から夢多い時代に育っていく昭和30年代から東京オリンピックまでの佳き時代を描いたものである。 「美味」でなくても「美味しく食べられる」、遊ぶ道具がなくても「何とか工夫して遊ぶ」と、そこには誰からも与えられない夢と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The first snow (初雪)!

昨夜、寝る時に、寒さを確かめるように 窓を開けてみた。 もう1時を過ぎていた頃だろうか!? 音もなく深々と雪は降っていた 寒さが、暗さが和むような雪の情緒 今朝、窓を開けた いつものように通りを通勤や通学の人々が急ぐ そんな道には、自動車や自転車の轍(わだち)の後に ささやかななごり雪…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more