テーマ:政治

懐かしい! My Old Goodies (作詞)!

一昨日、昨日と、日本政治の泥沼から離れて、ポータルサイトで自分の検索をしてみました。 作家(朝比奈知彦)は、結構な数のInfoがありますが、「あさひな知彦&作詞」で検索しましたら、懐かしい若かりし頃の作詞がYouTubesで見つかりました。 それが、下記の「赤い風船」が売れたアイドル「浅田美代子」のアルバムを今は亡きT…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Change!」~Obama、キムタク、そして横須賀!

倦んだ政治が飽きられている。 熟んだ政治が清新の気を呼んでいる! ObamaのChangeから、キムタクのドラマの「チエンジ」、そして先日の千葉市長選挙は衆議院の解散もせず責任回避の「麻生政権」への参政権人質への怒りか、31歳と史上最新の市長を選んだ。 そして、また日米安保が背景の横須賀市も「チエ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Film 「ハゲタカ」を見る!

http://www.youtube.com/watch?v=apLTAVoMR0I NHK連続ドラマで見た「ハゲタカ」は、鷲津ファンドの強引なやり口やM&Aの手口など、アメリカ資本主義の乱脈さを徹底的に冷血に追及して、あの「小泉~竹中」のアメリカ市場原理主義の導入となんでも民営的な「規制緩和」で日本をアメリカに叩き売った凄さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国は、霞が関は、「ぼったくりバー」か!?

地方が動き出した。 適当の先送りされてきた「地方分権」「道州制」が、あまりの国の訳の分からぬ地方自治体への「分担金」の押し付けに、地方行自治体が悲鳴を上げ出した! 大阪府知事、橋本徹は、当初「財政改革」で、赤字垂れ流しでも、「給与」はしっかり獲る公務員に猛省を促し、 また訳の分からぬ官僚の天下り用の「ハコモ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

あなたは、「裁判員」になりますか!?

全国29万5千人の候補から、事件毎に各地裁で数10人の候補から「裁判員」を任命し、裁判員として「窃盗」から果ては「殺人」の死刑云々までの判定を責務とし、一般的には3~6日間拘束されると聞く。 昨年、裁判員候補案内みたいな郵便が「最高裁」名義で来た。 即、「私に来たか!?」と、宛名を見たら、93歳のその年末に亡くなった義母当てであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上がるもの、下がるもの・・・!?」

新年度が始まって、年度当初に「上がるもの、さがるもの!」なる会計年度平成21年度予測が出て、 不景気のため16連休(賃金カット)という大型Golden Weekが、パンデミック (大流行)の兆しもあるという新型インフルエンザという大騒ぎ(Chaus)を連れてきて終わった。 そこへ麻生内閣の税金の「バラマキ」選挙対策…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何を今更!と、申されますが…。

過日、その道の先達のお集まりに出席させていただきました。 いやはや、庶民派の私には愕然とするお思いでした。 「何を今更!」と、政治の世界に詳しい方は申されそうですが…。 小澤一郎の政治資金献金先の誤記載での秘書逮捕なんて、「まさに麻生政権と漆間官房副長官の猿芝 居である。あんなのは庶民的に言えば、「自転車の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「この頃…」~政治は誰のもの!?

経済と外交の「麻生太郎」と豪語する漫画オタクは、外遊先のチェコで分離前のチェコスロバキアと国名を間違え、 経済は「将来は知らん!」と、ばら撒きの上に、117億円かけて「オタク文化」の漫画センターらしきサブ・カルチャーのセンターをお造りになるとか!? 政治は、「小澤一郎」が田中~竹下~金丸との金まみれで大失態を演じたから、空脳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

童謡(動揺)「もしもし、タロー、タローさん ♪」

 本当にカメレオンのように党内の意見ひとつでコロコロ変わる麻生コメント  そんな彼を見て即興を一節(ひとふし) もしもし、タロー、タローさん 政策なんて ありゃしない 国民なんて オレが民 総理の椅子は 心地良い… もしもし、タロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漂流する「麻生」政権…!

麻生太郎さん 貴方は、吉田茂祖父の膝で、帝王学は学ばず、葉巻のくゆらし方だけ学んだようですね!? 毎日、その傲慢な取材対応ながらも揺れる言動  減税が定額給付になり、そして全所帯から高所得者は除くになり… 、一体どっち!?    ばら撒き給付が、この世界的なアメリカ発の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Congratulations! Mr. Obama

Kenedey以来の最も嘱望される大統領か!? http://newsbiglobe.ne.jp/international/mai_081105_0189065162html/ Honolulu生まれのBlack PresidentはChange、アメリカを変えなければいけない Bushの石油欲しさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oh, my God…「ギックリ腰」は忘れた頃にやって来る!

昨日は、「明日という日は 明るい日と書くのね…」なんて書きながら、腰痛に耐えていた。 昨朝、義母の見舞いにWifeと病院へ行こうと玄関でかがんだ時、忘れた痛みが腰を走った。 大した痛みでもないと、腰を幾つかこぶしで叩きながら一日をスタート! この2年ほど、Gymでの走り込みや腹筋・背筋の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「麻生太郎」と17人の仲間たち!?

今は昔、青春時代か、「Ocean's Eleven(オーシャンと11人の仲間)」を見た。 (Remakeの最近のものでなく)はHollywoodがまだ生き生きとしていた時代の粋で洒落たMovieだった。 Frank Shinatora, Dean Martin, Sammy Davis Jr.など錚々たる面々で、Screenの醍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、また「小泉」Gimmick(策略、偽善)なのか!?

随分若く、まだ得意満面な小泉純一郎です。 (我が故郷の観光場所、日銀小樽支店前です) 何故、自民党の総裁選に、そのCandidates(候補者)が面白がって繁華街で手を振る演技をするのだろうか!? 正に7年有余前に、小泉純一郎の使った>「戦略」(ギミック~小細工) を5人の候補者は国民の税金で踏襲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党総裁選、「小泉劇場第2幕」か!?

懐かしい7年半ほど前の「小泉劇場」の再演第2幕、題して「茶番」の上演が始まった。 忘れてはいけない! 小泉純一郎の冷徹な小細工を! それまで永田町の密室で禅譲されていた「自民党総裁」選を、自民党に関係もない「国民」に提訴した。 なんのことはない、国民に投票権はない! そこを逆手に、「公明正大」を装った「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて! 10枚の歯を一気に「CHANGE!」

私は、このBlogには、あまりPesonalなことは書かない。 皆さんに「問いかける」こと、 また「物書き」として皆さんの想いを知りたいこと、 そして庶民として知って欲しい提言などを書いてきた。 しかし、今回は「我が身」の異変をご報告したい。 昨日は、平々凡々の昨今にすれば久し振りのTerrible(恐ろしい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Public Servants and Bureaucrats(公僕と官僚)!そして総裁選「祭り」

Public Servantsは、昔中学の英語の時間に「公僕」と習った。 しかし、今「広辞苑」を開くと「公務員」とある。 おいしい特別会計の費用で、生活費以外の「お楽しみ」、「お遊び」、そして「愛人」のアパート代まで そこから支払う猛者もいると聞く。 「公僕」とは、その自治体の住民のSupportersであるはずが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念、福田さん、あなたもか…!

2008年9月1日、秋の新学期、日焼けした顔で子供達も学校に戻ってきた。 その午後9時30分! 東北ではなく、全国に激震が走った。 9月12日の臨時国会を前に、福田康夫総理大臣の突然辞任の記者会見。 思えば、1年弱以前に、どこかのボンボンが総理大臣を投げ出した。 国民の対する大見栄を切りながら、新学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

63回目の「長崎の鐘」は鳴る!

昭和20年8月9日午前11時2分。 小倉で投下予定の原爆を搭載したB29は、曇り空に妨げられ断念しテニアンに帰投する途上、 何と云う不運か長崎上空で雲が途切れた。 人間の運・不運は、どうしょうもない…。 一瞬の爆風は、7万人余の犠牲者を巻き込み、およそ同数の原爆被災者を残した。 いつもはNews Program…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「乙女のパンチ(最終回)」に感動!

いつも、本を書いたりエッセーを書いたりするとき、 「感動のある人生を!」と書く。  これは、私自身にとっての安易なデジタルやネットへの依存でなく、人間として素朴に自然に、人間に感動したい!という思いからなのです。 静ちゃんの「乙女のパンチ」(NHK最終回)、汗を拭いながらエアコン入れず、扇風機の風に汗しながら見ました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「竹島 Or 独島 !?」~相変わらず外交下手な日本!

あの600億円かけた地球規模の壮大なFestival「G8 洞爺湖サミット」も新千歳・札幌周辺・洞爺湖、それに東京繁華街と6万2千人の警備に囲まれて、単純に「無事」終わった。 What has Japanese Government to get anything for us as a world leader? Not…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「CHANGE」~とかく政治と云うものは…

「CHANGE!」 今、小泉虚構改革の尻拭いで、日本の政治は「混迷」を極めている。 「政治」など関係なく日々暮らしてきた庶民まで「政治」に目覚めさせてしまった。 しかし、日々、政治には不信を増すばかりのこの頃である。 そんな背景をTiming良く掴んだのが、キムタクの政治Comedy「CHANGE」である。 たかが政治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーダーシップ、でも小泉さんはもうたくさん!

どうも政治の世界は五里霧中、一寸先は闇である。 しかし、それが当たり前と、責任を取らない政治家が多い。 今、”物価は上がる。サラリーマンは「音」を上げる!”という原稿を書きながら、ふと以前に書いた原稿を読み直してみた。 その原稿は、丁度、小泉純一郎から安倍晋三が政権を禅譲され、あの参議院選挙大敗以前に書いたものであるが、現在の「年…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キムタクもオバマも「Change!」

「CHANGE!」 どうも政治家は「Change」が好きらしい 何をどうChangeするのかは定かでないが、それまでに憤懣のある/反問する庶民は、どうも中身の「Change」を良くCheckしないままその「Change」という政治家の誕生を期待する。 そう云えば、今の時期…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本無責任時代~そのうちなんとか…?

たまに難しい政治や経済を論じても、Blogのお仲間にはそんな話は馴染まないのだろう。 アクセスが急ダウンする! 今や政治においては正に小泉純一郎の「虚構改革」、安倍晋三の「美しい国」からの脱走、そして貧乏くじか、福田康夫の弁明の毎日である。 みんな種だけ撒いて、「年金」も、「介護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サクラ、さくら、桜、佐倉の桜!」

本日は、「花冷え」、「花曇り」から「氷雨」へと変わった。 史上三番目に早く、今年の開花宣言第一号の「東京」の桜は、昨夜の「上野公園」の「桜か、酒か、カラオケか!」のドンチャン騒ぎを見取ってこの雨に静かに散っているのだろうか!? 「サイタ、サイタ、サクラガサイタ!」… どれだけの人々が覚えておい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more