テーマ:民主党

やはり、国を食い物にする政治屋の世界か!?

「首相批判が再燃=小沢氏「人災みたいなもの」-民主」というニュースについて   ( 時事通信社 http://smcb.jp/snews/119180 ) 福島原発の対応が一時的に鎮静化し、またアメリカの米国人退出の50Miles以内の発言は、「情報不足でのこちら側の判断!日本政府の情報が透明ならば、30miles…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本破綻か!? 二つの困ったネジレ、民主党!

こんなことは思いたくはないが、昨今の「日本破産」本の多いのは脅かしなのか、警告なのか!? 低迷する消費でGDPは530兆前後! それに対して国債の発行残は、もうすぐ900兆を超える! 先進国で、GDPのほぼ倍の借金など、「日本」しかない そのうえ、骨ある思想家西部邁氏が「小澤一郎は背広を着た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Not Russian but Chinese, in 小樽 !

今月末号の「労働と経済」に、「日本漂流」のタイトルで、小鳩内閣/民主党が、日本没落路線を辿る「哀しさ!」を書いたが…。 民主党主流の7奉行中心の菅政権が誕生(Yes,we KAN!)、幾らか国民の方へ政治が戻り始めたと思ったら、自民党の幕末遺臣のような亀井静香のごね得の続き! 郵政の民衆への還元どころか、阿呆な郵貯2千万円、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議員選という「選挙ごっこ」ですか!?

小澤さんも、鳩ポッポも、それに横柄な亀井静香も、国民に対しては「国民のため」と言いながら、一向に国民に目が向いていない。 ついに自民党並みに内閣支持率の危険水域30%どころか、半年足らずで20%を割りかねない鳩山内閣。 或る週刊誌によれば、眼も虚ろにぶら下がり取材を毎日受けている鳩山由紀夫君も、かつての専修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうJALは飛ばせない!

日本は、やはりかなりヤバいです!今年のGolden Weekは、全国的に天候に恵まれHoliday-Makersには結構なことですが・・・。    2014年日本破綻説に加え、相変わらずの第二自民党的な「民主党」の小澤一郎の存在、それにそれを切り捨てられない宇宙人の鳩山由紀夫と、国民もやっと政治に関心を持ちだした途端に、「日本破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先ず、「民主党」内を「仕分」せよ!

小沢氏は起訴相当 検審が議決 http://news.biglobe.ne.jp/topics/100427/TQPwSMcMfNWRPcPK0lbLlKf3qtTRAW2ffulQSWAN.html?T 参議員選で泥仕合になる前に、小澤一郎ははっきりさせるべき! また、鳩山由紀夫も同様に説明責任のないまま、居座れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが現実、日本の置かれた位置!

鳩山由紀夫君! 「国民」と言う枕詞で、その場凌ぎの宇宙発言は辞めて欲しい! 俗に言う、「仏の顔も三度」だよ! 5月末に「普天間問題」にまた言い訳なら辞めてくれ! WP紙が酷評、鳩山首相が「最大の敗者」 http://news.biglobe.ne.jp/politics/653/ym_100416…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山首相、「ほんにお前は屁のような!」(週刊文春)

ついに標記のような極端な痛罵に揶揄が出てきました。 残念ながら、小澤一郎への無力服従、抽象的な「宇宙」言葉、学級破壊にも似た内閣内での勝手放題へのNo Leadershiop、そして経済も秩序も知らない亀井静香の放置! オバマ大統領の医療改革のような支持率が下がっても敢行する意志がない! もう少し我慢すべきなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古いコラムですが…「初めまして、鳩山首相殿」

過去、小泉純一郎首班の5年5カ月余りの間には、 彼の国民を蔑(ないがし)ろにした猿芝居、小泉劇場の庶民への爆風、 そして窮余の一策とも思われるBush~アメリカへの「日本叩き売り」~市場原理主義の導入とそれに応じた無責任な「規制緩和」~については、 「庶民よ騙されてはいけない!」と自分も含めて日本国庶民への目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二人の困ったチャン」、鳩山由紀夫と小澤一郎!

http://news.biglobe.ne.jp/politics/721/san_100209_7215910847.html かつて「小泉純一郎」と竹中平蔵の「新市場主義の導入」/「故なき規制緩和」でのアメリカBushへの日本叩き売りは、幾度か糾弾したコラムも書いた。 しかし、今回の「泣くな子鳩よ!」の鳩山由紀夫坊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庶民のぼやき!~朝青竜の引退と小澤一郎の不起訴!

みんなの党の渡辺喜美が、 「朝青竜も引退したんだから、小澤一郎も身を引くべき!」 と言った発言が、庶民的には一番印象に残った。 朝青龍の引退は、彼のご乱行からして、「むべなるかな!」と思うが…。 白鵬が育った現在、大相撲界のヒール役(敵役)としては、適任であり、過去のご乱行は許されるものではないが、 何か「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山さん、「友愛」とは八方美人のことですか!?

かつて、小泉首相時代に、2~3雑誌にコラムを持っていた私は、そのコラムに「拝啓、小泉首相殿!」と、彼の庶民をまやかす小泉劇場と「規制緩和」と称するBushへの「日本たたき売り!」を、庶民の立場で幾度か書きました。 政権交代した今日、半年ぐらいは鳩山さんの去就を見詰めようと思いましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「師走」って、デジタル言葉に馴染まない!?

2009年も、もう一月ですか…   「時よ急ぐな!」なんて詩を書いてみたりしてますが… どうも景気不景気にかかわらず、「師走」は忙しないですね 何も考えたくないこともあるけど、この年齢にしても(もうす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Reform-Recicle-Reuseか(浪費と節約のミスマッチ)!

今日は佳き日か!? 明日は分からない or It's been gorgeous day, and indian summer. (とっても気持ち良く清々しい天気、小春日和か!?) そんな蒼空のもと、まだ「ひと月前の無理な筋トレ」で痛めた左肩の鈍痛を気にしながら5~6キロ Wa…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成維新(無血革命)か、公開処刑か!?

やはりマニフェストの裏付けの財源は乏しかった。 そんなこんなの行政刷新の事業仕分けでは、仕訳人の独立した質疑の厳しさに、関連閣僚からも「不協和音」が聞こえる 鳩山由紀夫か、小澤一郎か そんなことはどうでも良い! 選挙でガス抜きされた国民もそろ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自分の言葉で「所信表明」、鳩山首相!

 昨日、国会が開会した。 待っていました紋切り型ではない鳩山首相の「所信表明」!  ちょっと散文的でビジネスライクではないが、分かり易く自分の言葉で「友愛政治」への持論を披露した。  従来の官僚が練りに練って、そのうえ首相が「読み方」を間違えるのとは一味違う、彼の言葉を借りれば、 無血の「平成維新」である。  今まで野党だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こんなことは、領分争いでみっともない!

こんなことは、これから日常茶飯事でしょうけど…! 連立政権3日目 早くも不協和音 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=965209&media_id=2 亀井さんと原口さんではセンスも違うし思考感覚も違う! これからもこの程度のことはあってあって当たり前でDebate(議…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

漢字の本が売れていますね!

破天荒 40代以下の7割超が誤解 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=951667&media_id=4 40代がこうですから若い者の誤字・誤解は仕方ないのかもしれませんが、古い昔でなくても我々物書きでさえ忘れていく熟語・漢字が多すぎます。 今では、Internationalと称し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

勝てば勝ったで・・・。

あの郵政民営化選挙で小泉潤一郎が放った刺客、そして誕生した「小泉チルドレン」は確か83名。今回の惨敗の自民党では新人が、なんとその小泉純一郎の次男、「小泉進次郎」だけという。 小泉憎さで、「小泉進次郎を落とせ!」と、檄を飛ばしたが、ドブ板選挙で父~小泉純一郎」も、タレントで順調な 兄の「小泉孝太郎」の助けを排除した戦いが唯一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

選挙の嵐の次は、台風11号の嵐!

民主党がLand Slide(地滑り)的な圧勝! 何も変わりはしないかもしれないが、今までの「閉そく感」からの気分転換はある 国民の「参政権」を人質にした「自民党」への圧倒的非難の嵐! でも、「落ちた人がなぜ復権!?」という…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

麻生太郎 来たる!

成田から帰ってきて、ユーカリが丘の駅まで用足しでクルマを停めたら、そこらじゅうに「捨て看板」: 8月23日(日)2時30分、ユーカリ駅北口に、内閣総理大臣「麻生太郎」来たる 遂に、我が家からクルマで5~6分の駅前まで来て集まったお年寄りに握手をしに来た。 「民主党」の候補の事務所からも近く、おそらく自民党世襲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラマキ社会か、友愛社会か !?

過日の党首討論会は、表題の通り、噛み合わないものと思われた。 バラマキ社会の「麻生太郎」の眼前にあるのは、「解散のための清算総理だったのが、長期居座り。今度は逆に 小澤一郎の辞任でも解散も出来ないのか!?」と言われるのが嫌らしい 2兆円の定額給付金はもうすぐ全国に行き…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あなたは、「裁判員」になりますか!?

全国29万5千人の候補から、事件毎に各地裁で数10人の候補から「裁判員」を任命し、裁判員として「窃盗」から果ては「殺人」の死刑云々までの判定を責務とし、一般的には3~6日間拘束されると聞く。 昨年、裁判員候補案内みたいな郵便が「最高裁」名義で来た。 即、「私に来たか!?」と、宛名を見たら、93歳のその年末に亡くなった義母当てであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上がるもの、下がるもの・・・!?」

新年度が始まって、年度当初に「上がるもの、さがるもの!」なる会計年度平成21年度予測が出て、 不景気のため16連休(賃金カット)という大型Golden Weekが、パンデミック (大流行)の兆しもあるという新型インフルエンザという大騒ぎ(Chaus)を連れてきて終わった。 そこへ麻生内閣の税金の「バラマキ」選挙対策…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何を今更!と、申されますが…。

過日、その道の先達のお集まりに出席させていただきました。 いやはや、庶民派の私には愕然とするお思いでした。 「何を今更!」と、政治の世界に詳しい方は申されそうですが…。 小澤一郎の政治資金献金先の誤記載での秘書逮捕なんて、「まさに麻生政権と漆間官房副長官の猿芝 居である。あんなのは庶民的に言えば、「自転車の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「「たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)」について」について

「「たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)」について」について たかが補選、されど補選!小泉政権5周年記念の本日に、自民党勝手政治、特に小泉の影業師~竹中平蔵~の市場原理主義導入は、アングロサクソンの冷徹さを日本に持ち込んだもの。あんな学者崩れのアメリカシンパと小泉のポチでしかない安倍晋三が、小泉Cryingの絶叫なしで何が出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかが補選(自民党)、されど補選!(民主党)

去る4月23日、自民党小泉政権では最後(!?)の国政選挙。 メール問題のゴタゴタを処理して久し振りに野党の前面に立った民主党小澤一郎代表の初の勝負! 有権者数約38万人。 投票率は49.5%(前回の64.75%より15%ほど低い)と、30%台が通例の補選にしては高投票率らしいが…。 自民党の総力戦。小泉チルドレン83名の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

明後日、千葉7区衆議院補選!

この独断専横な小泉純一郎と愚鈍こそ我が命、偉大なるイエスマン「武部勤」で、前回の郵政民営化選挙は大勝しました。 その時に生れた一年生議員が「小泉チルドレン」! 彼らも、小泉首相のポチ閣僚も、一斉に千葉7区補選の落下傘候補「ジャンケンポン、サイトウケン!」の応援に集結。 元キャバクラ嬢(26歳)県議1年で国会議員への八艘飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小澤一郎、千葉7区補選が初戦!

まだお呼びでない筈の四人衆まで千葉7区補選に集結です。 あの83名の小泉チルドレンも大挙して彼らと同じ境遇、まったく地元の関係のない落下傘降下候補、「斉藤健」氏の応援です。 武部幹事長は、ジャンケンゲームで「サイトウ、ケン!」と知名度アップに懸命です。 一方、民主党は、小澤一郎新代表は、旧自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Old wave,but new start!

     何を言っても天に唾するごとく、空虚な回答が頭に降ってくるようで疲れました。 日中関係がどうあろうと、安倍普三が小泉のポチ振りを全うしようと、我々には関係のないような政治の世界。 経済は世界の趨勢は中国からインドへ! しかし、靖国の神々に拘束されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more