テーマ:平和

終戦記念日~靖国も静かに!

昭和20年(1945)8月15日。 戦争終結の「玉音」放送を、小樽の自宅で両親と共に聴いた。 真空管の古ぼけたラジオの天皇陛下の声を聞いて、しゃくり上げるように泣いた、涙が止まらなかった、 そんな人々の声も今では遠くなった。 小泉純一郎が意固地になって参拝したあの靖国神社も、選挙戦最中で劣勢にある自民党の有志も寄り付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お帰りなさい、小泉首相!もうすぐ8月15日です。

小泉純一郎殿 散々、広島と長崎で取材陣に「心」の自由を説いて、チンギスハーンのモンゴルですか!? 朝青龍と白鵬の活躍をご報告でもないでしょう! 中国の上空をFlightしての往復は如何でしたか? 8月15日の貴方の「靖国参拝」は、国論を二分する沸騰かと思いきや、中国もおそらく貴方の冷徹で非情な性格から最後の公人であり…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

変人ならば、変人らしく潔く!靖国よさらば!

変人ならば、変人らしく潔く!靖国よさらば!「男」小泉純一郎! 「靖国問題」には、昭和天皇の冨田メモ、それに続く安倍晋三氏の姑息な隠密参拝、それにA級戦犯合祀にまつわる旧厚生省の在り方など、私なりに2~3の書籍も眼を通しました。 それを辿ると「靖国神社」参拝は、結局「東京裁判」の侵略戦争を否定するこじ付け的な自衛戦争などと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

Wish upon a star!(世界平和を、星に願いを!)~アナログ人間!

仙台は旧の七夕。 「青葉、国分、一番町♪」でしたっけ、繁華街は!? 森進一「盛り場ブルース」より~ 宮城酪農連のご一行様の手塩にかけたイベント、成果は上々でしたか! 「七夕の 浴衣姿も 懐かしく 打ち水避けて 通る女(ひと)」などと一節。 我が故郷、北国も旧の七夕に旧盆。 旧盆が過ぎると、クラゲの大群に土用波で水泳は禁止。短…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今頃、何故だ! 周到な安倍晋三、総裁への道!

何故、この時期に安倍晋三は、4月15日「靖国参拝」を側近にリークさせたか!? 8月15日の小泉純一郎の参拝時点での課題視されるのを避けた。 線路は既に引かれ、総裁になってからの「靖国神社」秋の大祭(10月)では、日中・日韓関係改善に大きく水を差し、小泉路線の誇張拡大にとられる。 せこいことは止めよ、安倍晋三! 小泉的…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「お躾」は「押し付け」ではありません。人としてのマナーです!

昨今はあまり外出しないので気にしませんが、電車に乗るといつも気になるのが、車内での女性の化粧。 やはり当初は怖い物なしの女子高生。オット、今ではOL風も当たり前、そしてお顔崩れのオバサンまでが平気で決行! 離婚結構。不倫も情緒!? しかし、外国人が賛美した日本女性のあの奥ゆかしさは一体どこへ行ったのでしょう、消えたのでしょう? …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

情報収集OK、されど迎撃ミサイルなし!

日本国平和憲法も正念場! これまで長い間、戦火の防壁になってきた第9条! 安泰なるかな日本!  小泉首相の大見得切った靖国参拝と日中・日韓外交の空白! そこを突いた様な北朝鮮のミサイル演習・実演即売会! 4日未明から入ってくるNewsはFIFAのW杯から北朝鮮のミサイル発射に急変した。 地政学的に北朝鮮の中国・ロシア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「スカッド」「ノドン」「テポドン」と実演即売会か!窮鼠猫を噛む北朝鮮!

7月1日、我が故郷小樽で、願ってもない米空母「Kitty Hawk」の寄港に遭遇した。ホテルの正面の埠頭に、その勇姿はイージス艦・巡洋艦2隻と投錨した。 6年振り2度目の寄港であるという。最初のIndependenceが寄港した時は、14万5千人の小樽に全道から野次馬が36万人も集まったと聞く。 戦争がなければ必要の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

世界平和への祭典、W杯06,開幕!

国連が、超大国アメリカと既得権のある古い5戦勝国(米・英・仏・露・中)と発展途上国の間で揺れ続けている。 アナン事務総長は、「国連もワールドカップみたいな、平和への助走でありたい!」と願いながら、そのアメリカの横車、戦勝国の拒否権、そして人口65億への大きなうねり新興アフリカ諸国への対応へと苦慮している。 World Cup 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more