テーマ:麻生太郎

麻生太郎 来たる!

成田から帰ってきて、ユーカリが丘の駅まで用足しでクルマを停めたら、そこらじゅうに「捨て看板」: 8月23日(日)2時30分、ユーカリ駅北口に、内閣総理大臣「麻生太郎」来たる 遂に、我が家からクルマで5~6分の駅前まで来て集まったお年寄りに握手をしに来た。 「民主党」の候補の事務所からも近く、おそらく自民党世襲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆さん、認識が浅う(麻生)ございませんか、あの総理への…!

 俗に、日本国「麻生太郎」総理大臣のような人間を、「蛙の顔にしょんべん(小便)と云う。  (もう見たくはない、傲慢無恥な顔ですが…)  今回の連載について、久し振りに書き仲間からメールを貰う。 「国民もあの麻生の傲慢と無恥には根負けするね!」 「まー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Too Late(遅すぎる)! 私怨的な小泉発言になってしまった…。

舛添厚相の発言通り、激高した一昨日の「小泉元総理」の麻生反撃は本当に 「Too Late!」なのである。 St.Valentaineの2日前のPresentと笑えるようなものではなかった…。 それならもっとTiming良く、国民も巻き込んで反対すべきであった。   郵政の問題だけでなく、「定額給付金」についても自民党の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生太郎よ、政治屋の前に「人間」であれ~国民の嘆き!

毎日、国会関連のNewsを見るのが苦痛になりました。 まだ、福田康夫さんは「一生懸命さ」があった。 麻生太郎さんは、Iron Heartをお持ちで何を言われても傲慢に不敵に笑っている。 そのうえ、毎日自分の口から出る言葉がObamaのようなMessageにならないその場凌ぎ {%怒りwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年始のご挨拶、失礼致します!!!

アメリカの上げ底金融主義から始まった世界金融危機は、世界をジワリとゆっくりと苛め始めました。 アメリカの「市場原理主義」と云う何も作らない/なにも裏付けのない「金融」資本主義は、全世界を奈落の底に突き落としました。  それに何ら講ずることなく、官邸に閣僚を呼んでの「忘年会」とか…{%日本酒we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生さん、「解散」は唯一できる国民への奉仕です!

麻生さん、貴方は正気ですか!? 昨日の民主党 管直人代表代行との討論を見て、「国民」なんて彼の空脳にはないと実感しました。  与党内も年寄りや森喜朗だけが、貴方の毎時・毎日豹変する言動を仕方なく支持しているが、大半の議員は「危機意識」で四分五裂でしょう!  解散の機を失い、そして政策も知らない時時刻刻に豹変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「裁判員候補者」の抽出方法は!?

来年5月21日からスタートする裁判員候補者への通知が去る11月28日に送付され、 各地で話題を提供している。 新聞によると、昨1日には午前9:00~午後6:00までに約3890件の電話問い合わせがあったようである。 この不況下で、各企業では「リストラ」の後に、その遂行への対応を迫られている。 人口約1億2千7百万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私は貝になりたい」 ~麻生太郎!

「私は貝になりたい!」 もしもう一度生まれ変われるのなら、 戦争もない、兵隊もいない、深い深ーい海の底の貝になりたい(陸軍二等兵 清水豊松) 仲居君も熱演だった。 しかし、私は若く多感だった頃の、「戦争」がまだ近くにあった頃の、あのモノトーンのフィルムで淡々と戦争の悲劇を訴える「フラ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「Change!」 by Obama, and 「チェンジ 麻生!!」by 国民

「CHANGE! Yes, we can. Believe in !」 by Barak Obama. Barack Ovamaは、虚妄な放任経済でアメリカだけでなく世界を金融不安に落とし込んだ史上最悪の大統領Bushのあの低能さから「Something(何か)!」やってくれそうな気がする。 Mortalizationの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童謡(動揺)「もしもし、タロー、タローさん ♪」

 本当にカメレオンのように党内の意見ひとつでコロコロ変わる麻生コメント  そんな彼を見て即興を一節(ひとふし) もしもし、タロー、タローさん 政策なんて ありゃしない 国民なんて オレが民 総理の椅子は 心地良い… もしもし、タロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太郎さん、早く解散すべきです!

「文藝春秋」の自分の寄稿の「解散」のニュアンスまで読み方の相違として居座るのですか!? 太郎さん! 補正予算を通したら、国民の信任を問うのが筋道でしょう! Sub Prime LoanからLehman Brothersの破綻に至るアメリカ発の経済的なMelt Down! Melt Downとは、Bub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more