テーマ:日記

国語力無惨! 「ケータイ」馬鹿が増えている!!

この「Blog」はご無沙汰勝ちであるが、昨夜NHK「クローズアップ現代」~日本語力の低下と「ケータイ」~を見てひと言述べたくなった。 言葉はアナログである。~人間として必要最低限な常識でもある。 「ケータイ」は、Easy・Conviniennce・Speedの消費文明のもたらした器械で、デジタルは「人間力」を与えては呉れない。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

再見、マレーシア! マレーシア紀行 Part Ⅵ

 14日の夕方、F君のBaby Boyが急な風邪で入院している病院まで彼に同行する。急なことで3日前に入院し奥さんも付きっ切りと伺っていたので、「見舞いは無理かな!?」と思っていたが、回復は早く、彼も奥さんも可愛いBabyを我々にお披露目したかったのであろう。  日本でも、そうないような設備の良い病院であった。  小児科…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

We are friends!~ マレーシア紀行 PartⅤ

~ In the afternoon on Oct.14~ 「We are Friends!」と陽気なChandruのTaxiに一時別れを告げ、一旦ホテルの部屋で休息後、お隣りの大Shopping Center SuriaKLCCへ。      ホテルの窓から空を仰ぐと本日は大丈夫そうな空模様。  SuriaKLCCは数年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナニ、ニューハーフ !? マレーシア紀行 Part Ⅳ

~ Sat,Oct,14 Cloudy ~ KLも都会化が激しいのを喜んでよいのかどうか!? さすがに以前取材で出かけた新首都機能の都市「プトラジャヤ」は、初めから都市計画があって作られたので、緑と建物のバランスもよく整然としていた。 その時の取材では、政府関連役人他、家族も入れると5万人の首都になると聞いたが…。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古都「マラッカ」~My Lovely Malaysia Ⅲ

 マレーシアの高速道路は、新しくなったKLIA(クアラルンプール国際空港)から約75kmのクアラルンプール中心部まで1時間足らずで我々を運ぶ。(ご存知のように、東京~成田間は約60km、それをJamでない時で1時間半ぐらいかかる)また新首都プトラジャヤまでは30分ほどとか…。 いつも取材で定宿だったMelia KLでは、お馴染み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1RM(リンギ)は約33円と、円安! マレーシア紀行 Ⅱ

 空港でマレーシア・リンギ(RM)と円を交換し、またまたOhMy God!でした。 かれこれ前のスバン空港時代から10年以上訪れているマレーシア。いつも日本国にはあり難くないけど円高で、大体マレーシア1RM=¥27~30で交換していました。 それが今回は、標記のように1RM=約33円。 マレーシアで1~2位を誇るMandar…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「デジカメ」からデジタル論議へ!

「おいどん」大兄の我が郷土(お互いの第二の故郷、現在所など)の写真の数々をBlogやメールで送られるのを拝見し、「デジカメは凄い!」と浄財を叩いて買ったのが3年前。「これで取材にも幅が出る!」との思いもあったのだが、ビジネス誌その他、編集者は代替わりで「稿料が安くて、フットワークが良く、好きなように直せる若いライター」にこちらもリス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

便利は不便!あまりにデジタルに頼らずに!

考えて推敲して、おもむろに原稿用紙に向かった10数年前。 過去、拙著に幾度も書いたが、その後若干売れた「物書き」稼業は、お相手編集者に言われるまま、「ワープロ」から「PC」で原稿を書き、雑誌原稿などのように短い物であればメールの「添付」送付で済んでしまう。レギュラーでない年に幾度かの原稿は、編集者のメールによる依頼。書く責任上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル・ファッション!

アナログ云々書いた後、デジタル製品携帯を変えました。仕事柄、番号・アドレスは継続使用なので機種変更とお高い機種になり、新規購入で携帯自体が0円と10円というのは買えなかったですが! 前の携帯は、Fashon化を避けて、二つ折りと写メールでない機種をやっと探して2年半使いました。 今回は、娘や妻に「お父さん、仕事柄、他人の前で電話す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用改善(!?)

総務省の発表によると、4月度の失業率は4.4%(前月比0.1改善)は98年12月以来76ヶ月ぶりの改善とか、失業者数310万人は23ヶ月連続して減少と、景気回復を示唆しているが…。 仕事柄、人材銀行・ハローワーク・人材会社など取材などで訪れるが、数より中身といった感じがする。と言うのは、大手企業をはじめ正社員の削減(正社員は7割を割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉首相の靖国参拝

なぜ靖国参拝にこだわるのであろう、小泉さん。 真に国家のために生命を捧げた英霊に参拝したいのなら、千鳥が淵の戦没者慰霊碑へ出向いてはどうであろうか…!? 明治以後、靖国神社には国家建設者も慰霊されていようが、日本軍国主義の影は拭えない。 中国の歴史教育云々、韓国のノムヒョン大統領の硬化なども考えると、小泉首相の靖国参拝は周囲北東ア…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

豊齢社会

高齢化少子社会は、日を追うごとに、年々歳々多くの難題を生じそうである。 現在でも、年金問題など、国民年金の未払い者が約400万人もあるとか!? 社会保険庁も、その強制回収に乗り出したがあまり効果が上がっていないようである。それはそうだろう。ろくでもない天下り役人のために、その貴重な保険料から、民意に程遠い箱物保養施設をつくり、散々赤…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「アレやコレや!」と、また始まる!!

ゴールデン・ウィーク前、あの4月25日に、寝ぼけ眼でノー天気な日本国民は、JR西日本の未曾有の脱線事故で覚醒されました。 しかし、JR西日本の企業風土が云々される、後日の同社社員の自覚のない行動が糾弾される一方で、平行してゴールデン・ウィークの寛いだ雰囲気は、それぞれの飛石8連休なり、また有給消化の10連休へと、日本国首相以下絶対多数…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

Golden Week !

日本ではサラリーマンをしていると、1年間で3回の長期休暇に恵まれる。 年末年始休暇、企業・役所の夏休み、そしてGolden Week! 春から初夏へと、一番陽気の良い季節。花々も咲き乱れ国内の観光地・テーマパークも満員。 また、チョッとすまなそうに上司と同僚に頭を下げて、飛石の出勤日を有給休暇にして海外旅行へと出向く人々。 今年…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

7分の時間差!

JR宝塚線の脱線事故は乗客約580人の9割以上、死者106人重軽傷者461人と、国鉄からJRと民営化になってから最悪の事故となった。 故高見運転士の運転士としての適正云々は別としても、ほぼ並行して走る阪急宝塚線との同距離間での僅か7分間の時間差が、彼をしてカーブで制限速度を超える決断をさせたのではないか!? 通勤者・通学者にとって、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山拓の復帰、小泉の強運!

以前、「この民にしてこの国あり!」と、議員選挙に平気で棄権する国民の他人任せの政治について、某ビジネス雑誌に書いたことがある。その際、選出したい該当者なしだから「棄権」するというのが大半の意見だった。しかし、「選出する人がいなくても、政治を任せては困る人々への反対票は、投ずるのが国民の義務ではないか!」と書いた。あの人格的に問題な山崎拓…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

歴史はつくられる!

日本の外交下手は今に始まったことではないが、それにしても昨今の北東アジアでの反日行動を見ると考えさせられる。 考えられなかった北朝鮮・中国寄りの韓国のノムヒョン大統領の日本批判。それに次いで、北京で始まった反日デモ・暴動。その翌週には上海他数多くの都市に広がる。 (お陰さまで、次作品のための取材にと、2度目の上海と杭州・蘇州旅行を一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の世代

「団塊の世代」という文字に初めて触れたのは、今は作家であり高名な経済評論家である堺屋太一氏の76年処女作(1?)「団塊の世代」であった。その後もこの言葉がポピュラーになるまでは「団塊の世代」なるWordは辞書にもなかった。今では、その「団塊の世代」が、社会的にも経済的にも日本の大きな牽引力だった時代から、もうカーテンコールのない舞台を去…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

熟年離婚!

昨年秋ごろから、現代家庭へのひとつの提言テーマとして暖めていたものである。 その頃から、女性誌・週刊誌・ビジネス誌に日本熟年夫婦のあり方が取り沙汰されていた。 それに、西欧の夫婦の平等感覚・対話の多さが喧伝されるために、日本の女性(妻達)の不満が高まったようだ。  誰しも「幸せの鐘」を鳴らす時に、先行きの「性格の不一致」などという…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

民営化

小泉首相は「郵政の民営化」に政治生命を賭けてるのでしょうか!? 郵政の民営化より、年金問題、それに北東アジアの日本孤立化のほうが心配ではないですか? かつてから官営して散々無駄金使って税金を垂れ流し、ダメになったものを「民営化」と称して「民間」へ放り投げる。競争原理を導入するため、効率化を導入するためなら、ダメになる前に民営化を考え…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

咲いて散る!

時は春。新学期、新事業年と、新しい希望に満ちた日々に、陽気に恵まれた桜が花を添える。 春4月っていう時期は、新しい前進の月であるけれど、新入生、新入社員など、新生活を始める人々にとってはその「期待と希望」の裏にちょっぴりと今までと変わる環境に不安を覚える。 また、そのスタートの影には、3月で別れた人々への思慕の情も後を引いたまま…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more