「デジカメ」からデジタル論議へ!

画像

おいどん」大兄の我が郷土(お互いの第二の故郷、現在所など)の写真の数々をBlogやメールで送られるのを拝見し、「デジカメは凄い!」と浄財を叩いて買ったのが3年前。「これで取材にも幅が出る!」との思いもあったのだが、ビジネス誌その他、編集者は代替わりで「稿料が安くて、フットワークが良く、好きなように直せる若いライター」にこちらもリストラされ気味。
やはり、雑誌などの仕事はプロのPhotographerもおり、「デジカメ」は趣味の世界が幸せ!
我が僚友「おいどん」大兄のように、写真を楽しむ、Blogにも大きく反映できると、とても上手な使い方。


画像

我がデジカメは、幾度かの出番しかなく、その都度、操作にマニュアル片手と覚束無い!


いくらか役に立ったのは、Hilton Odawara取材、それに今回のMalaysia紀行程度!
あの浅井慎平氏ではないが、私も銀塩フィルムに郷愁を感じる世代。
現代の三種の神器、「パソコン」「DVD」そして「デジカメ」が、「パソコン」は薄型テレビに変わり、「デジカメ」は「ケータイ」の進化に替わられる!?
一体、デジタルが何処まで進んで、どれだけリストラから「時給化社会」に中間社会を格下げし、Speed、Convinience、そして自己責任を追及すればよいのでしょうか!?
「デジカメ」使用のたびに、アナログを思い出す初老の哀しさをひと言


掲載の2点の写真は、「おいどん」大兄の撮った我々在所近くの叙情「春」と「秋」!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月24日 17:27
ブログにコメントありがとうございました。
最近の機械の進化の早さに、少々戸惑い気味です。
携帯電話も、本来の意味を失っているような・・・。
でも、頑張ってついていかないと・・・置いていかれてしまうから、
頭フル回転です。 アハハ ^^

この記事へのトラックバック