美文メッセージ「美しい国へ」、本当か!?

久しくブログは尊敬する他人様のものを見てはコメントを書き込むだけで来ました。
我が故郷の駒大苫小牧が「ハンカチ王子」に敗れたショックでもなかったのですが…。
あまり高校野球は見ないのですが、今年は日本人の一人として、「アナログ」人間として、あの壮絶な爽やかさに感動しました。


彼らが次代の日本を背負う頃、日本は「美しい国」になっているでしょうか!?
画像画像












小泉純一郎は、破天荒にも自民党永田町密室政治を破壊しましたが、彼の5年5ヶ月は「郵政の民営化」、「US市場原理主義の導入と規制緩和による中流の没落・下流社会「格差社会」、そして一歩引くのも外交である近隣外交に自分の美意識だけを先行させました。
靖国の英霊は、彼の独善に困惑したかもしれません。
高校野球が去って秋風が香り出すと、なんのことはないプロ野球並みの自民党総裁選「消化試合」。
秋風が秋風らしくなる9月下旬に、そぞろ興味をなくした国民にオペラ風小泉劇場のリニューアル、ひと味違った「安倍劇場」の開店セール、こけら;落としとお披露目です。

画像画像













「靖国参拝
」のなんたるかも知らずに、日本建国の英霊の御霊に参拝することが「」の問題と逃げる二世、三世議員たちが、安倍晋三を持ち上げます。
彼は何故「隠密参拝」したのか!
そして何故「終戦記念日」前に、それをリークしたのか!
国民を思う前に国民を欺く姿勢が、彼をそうさせたのです。
賢明な国民なら彼の総裁選へのその戦略は既に自明でしょう。


画像


画像


小泉純一郎は、「改革なければ回復なし(成長なし)!」のワン・パターンで、政治を諦めたこの国の人々を劇場政治の虜にし、彼らには「痛み」だけ残しました。
安倍晋三は、かの小泉純一郎の先送りの負の遺産をどう処理して「美しい国」造りをするのでしょうか?
小泉純一郎は、言葉の足りないほど単純明快に一般の国民の無関心を利用して、その歯切れの良さだけで国民にモルヒネも打たず「痛み」を要請しました。
見方によっては、小泉純一郎より解りにくい安倍晋三は、どんなメッセージで旧小泉劇場を安倍劇場に再生し、次なる「痛み」が本当の「再チャレンジ」の社会になる説明が出来るのでしょうか!

画像画像



















泉チルドレンを除くと、自民党国会議員の45%が世襲議員
選挙の時にどぶ板を歩むことも忘れた庶民離れした人々です。
この国の人々は、選挙の時だけ笑顔で迫るこんな人々に寛大で、彼らが国会で勝手をやっている時には無関心を決め込みます。


この国の人々には、少子高齢化社会と1,000兆円に及ぶ負の財産が待ち受けています。
国会議員たちは任期だけで逃げ切ります。
この国の人々が、「痛み」を共有したら「リターン」も共有できる本当の「美しい国」へ安倍晋三氏にご案内いただきましょう!

安倍晋三殿
単純に美しい自然なら「世界遺産」に日本全体を推挙できるぐらいの気持で、次の日本をDirectionして下さい!
画像

今、私は、政治家のマジックにはまり易い日本国民、「この国の人々」という雑誌原稿を書きながら思ったことを徒然に書きおきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月28日 21:36
久しぶりの登場ですな・・・今後はマメに書き込みを期待しています・・・
2006年08月30日 08:53
お疲れ様でございます!
消化試合ってのには納得しました。
その言葉がぴったりでございます。
2006年09月05日 09:19
またまたコメントありがとうございました。
治すのが仕事なんですけど
私も今年ヘルニアになっちゃって思い切ってオペで治しました。
最近は手術の次の日から歩けるので入院生活は楽勝でしたよ!

この記事へのトラックバック