偽装労働に上滑りの景気回復。人間を人間らしく!

仕事でもそうだが、昨今の社会背景を考えると「書くこと」に空虚な思いが強くブログもお付き合いの元気な方にコメントをさせていただくことの方が有意義に思う。
でも、久し振りに我が失意の「早期退職」時のことを思い出して書かざるを得ないと思った。


小泉~竹中の市場原理主義は汗と英知のないヒルズ族という若い拝金主義者を生んだ。
裏で操るのはUS大手の「ゴールドマンサックス」「メリルリンチ」「リーマンブラザース」など米富豪のマネートレーダー! 働くことを忘れた若者はAmerican DreamならぬPC Dreamを抱いた。とある場所、豪邸に住む20代の若者は、6台のPCと3個の目覚ましで年間20億を稼ぎ出すと言う。「あの方若いのにこんな豪邸に住んで何をやってるんでしょうね!?」というのが近所の主婦の弁とか…。

画像画像




















小泉首相の陰で、景気回復路線の諮問をしてきたオリックスの宮内会長日銀の福井総裁
あなた達は、純粋に「靖国で会おう!」と戦前国の為に散った若き「赤紙兵」以下の功利攻略。彼らは純粋に国の為に散った。あなた達は、経済の活性化と称して、私企業、私的功利を隠して多くの規制緩和を進めてきた
画像画像

その結果が、バブルで崩壊した企業を重宝的に一時逃亡させ、人的資源を「規制緩和」という格好の良い隠れ蓑市場へ放擲した。

偽装労働行為、「請負~派遣」、現実は実質「派遣」でもすぐクビを切れるメーカーと人材派遣の隠れ蓑的人件費の流動化、パイの縮小、法的な責任は双方曖昧といった雇用形態である。
競争力に「即戦力」と、リストラ後には叫ばれ、用が足りれば即刻解雇できた。
その後は、正社員の減数化に続き、東アジア(特に中国)との競争力を国内で行使する「低賃金化」~請負・派遣などで「時給社会」の拡大
「キャノン」「日立」、そして「トヨタ」、お前もか!といった事実が出始めている。
デジタル化は単純作業を企業内の人間から奪った。
即戦力」は、その補填として都合よく使われてきた。
そして、先年小著にも書いたように、正社員は7割を割り、その上にご都合主義の「成果主義」の導入。
それに続くのが人材派遣企業と一部企業との人件費を流動化削減化する「派遣~請負」での人件費の現実的切り下げである。


私は、「トヨタ」「キャノン」などの日本的経営の見直し、「人間を人間らしく!」扱って、その上でフェアーな「成果主義」導入と、デジタル社会とアナログ社会のバランス的人間力に期待していたが…

画像画像
















~「辞めないが勝ち」(96年~対中高年)、「それでも辞めないが勝ち」(04~バブル期採用者)~

私の過去の小著で述べてきたが、日本の労働人口約6千5百万人(15~64歳)のうち80%が給与生活者である。(内訳には国家地方公務員が約3百万人、主婦まで含むフリーターが約4百万人、そしてニートが約70万人程度として)
その3割以上が、正社員という安閑とした地位から「時給社会」に移行している。
バブル期のGDPが560兆円、そして現状が505兆円だろうか!?
その60%が個人消費である。
デパートもチェーン・ストアも冷夏云々するが、上記のように一般庶民には景気回復の風は吹いていない
Jobless Recovery(雇用なき景気回復)である。

軽薄な小泉~竹中~宮内路線の「市場原理主義の導入」から大いなる規制緩和は、一部大手企業と なにごとも I Tと小ざかしく拝金主義に徹した人々にまだら模様の回復をもたらしただけである。

画像画像画像















現在65歳以上の高齢者(介護保険世代)が人口の21%。
これからの日本を背負う15歳以下が人口の15%弱。
その中間で苦労している「労働」を知っている人々への小泉純一郎の贈り物は更なる痛み「社会保険の改悪」「医療費のカット」「消費税(自分はしないところがずるい)他の諸税の増税」である。
その一方で、西欧的なシステムで急に成金になった者は「節税」と称して日本国からの脱走である。

人間を人間らしく!
「軽重短小」のデジタル社会も、このところ中国貿易で息を吹き返した「重厚長大」産業も、
小泉純一郎のように説明責任を軽んぜずに、その人、その人と正面に向き合って欲しい!

「クビを切るのが悪いのか、切られる奴がドジなのか!?」という我がサラリーマンへの最後の提言本を考えているが、切る方も切られる方も、今一度人間の原点に立って欲しいと思うからである。
「自己責任」は自分で自主的に責任を処するもの。
会社から、派遣企業から、「自己責任」で!などというのは、何時切っても良いようにという詭弁である。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月01日 12:21
さすが専門分野で迫力がありますな・・・日本の代表企業であるキャノン・トヨタ・松下・日立等がこんなにあくどい雇用形態では、あきれるやら・情けないやら・コメントのしょうがないね・・・経団連の責任は大きいぞ・・・
春日野
2006年08月01日 19:19
読めば読むほど納得の世界です。未来のインターネット新聞は見えてきますねぇ。応援しております。
春日野
2006年08月03日 06:00
おはよう御座います。田舎の姉ちゃんは、昨日はオフカイがありまして街場の仙台まで出かけました。その為、遅れてすみませんです。

この記事へのトラックバック