豊齢社会

高齢化少子社会は、日を追うごとに、年々歳々多くの難題を生じそうである。
現在でも、年金問題など、国民年金の未払い者が約400万人もあるとか!?
社会保険庁も、その強制回収に乗り出したがあまり効果が上がっていないようである。それはそうだろう。ろくでもない天下り役人のために、その貴重な保険料から、民意に程遠い箱物保養施設をつくり、散々赤字を重ねた結果二束三文で売りに出す。
また、NHKの聴取料金もNHK内部の不正支出で、罰則規定のないその聴取料金は、若い人ほど支払い拒否している。若干拙速即断であれ、若者の社会を見る眼は鋭い。
フリーター、ニートと、職業教育やガイダンスのないまま放置される若者は増えていく。
一方、高齢者(65歳以上)は15歳以下の子供より遥かに多く、嫌な言い方だが、高齢者の長生きと子供の減少は、これから先、日本政府の先送り問題を如実に暴露していくだろう。
高齢者になった自分も含めて、まだ元気なお年寄りも多い。もっと彼らを、それまでの経験を生かした仕事なり、軽労働なりに上手に登用する手はないだろうか!?
私は95年春、中高年サラリーマン対象に「辞めないが勝ち」(実業之日本)で、豊かな経験と和やかな人間関係で、これからの高齢者は、単に衰えて歳を重ねるのではなく、自分なりの夢と目的を持って生きる「豊齢社会」になるべきだと提言した。
歳費も値上げし、議員年金も厚い国会議員は、65歳になっても庶民の高齢者と違う視点でものを見ているようだ。同じ国民で、彼らだけ「豊齢社会」を歩むようでは、これから陸続と追随する「団塊の世代」の高齢化には対処できない。団塊の世代がリタイアして豊齢社会に仲間入りできるような対応は考えられているのだろうか!? 世間では、その退職者の数と退職金などのマーケットとしての視点ばかりが強調されているが…。心豊かに歳を重ねる「豊齢社会」はいずこに…。遥か遠い!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

xaxpinpon
2005年05月13日 08:47
我々も高齢者の一員ですな・・・社会に迷惑を掛けずに楽しく暮らしましょう・・・医療費が高いので健康には十分注意したいもんです・・・
xaxで汗を流すのが一番でっせ・・・夜はアタマの体操でパソコンに親しむのがVery Goodざんす・・・貴兄のBlogに画像が入るのを待ってまっせ・・・ほなさいなら・・・

この記事へのトラックバック