団塊の世代

「団塊の世代」という文字に初めて触れたのは、今は作家であり高名な経済評論家である堺屋太一氏の76年処女作(1?)「団塊の世代」であった。その後もこの言葉がポピュラーになるまでは「団塊の世代」なるWordは辞書にもなかった。今では、その「団塊の世代」が、社会的にも経済的にも日本の大きな牽引力だった時代から、もうカーテンコールのない舞台を去ろうとしている。
「団塊の世代」。47~49年に生れた第1ベビーブーム世代である。終戦から2年、日本復興のために生れてきたような世代である。その数、約700~800万とも言われ、この07年~10年の間に俗に言う定年60歳を迎える。Baby Boomからその数の論理は、競争原理も働いて、歴史的にも一時代を作ってきた。長じては、消費世代の代表になり、豊穣な物質文明を創り上げ、サブカルチャー的産物、過去の日本の家庭からは考えられない「New Family」~友達家族、友達親子~といった家族内での序列まで廃した、ある意味で西欧的で自由な家庭生活を目指した。その戦後を代表する世代が、07年以降新しい感覚で「シニア」になる!大手企業では、その中間管理職以上が約18万もこの時期に会社を去ると言われる。その退職金総額が3兆円云々とか、それに付随する金融資産を考えるならば、大きなシニア・マーケットの出現である。蛇足ではあるが、リストラ時代(91~)には高齢者から退職させたので「職芸」的な継承が出来ず、ただ人減らしをして業務に支障をきたした企業の例も聞いた。この07~10年ぐらいまでに退職する世代をどうマーケットとして取り込むかは、各産業での過去類例のない「市場」として、彼らのライフスタイルをどうシニア化すべきかが大きな課題であろう。もうすぐ目の前である。その一方で、「リストラ」から「成果主義」と、競争原理の中を生き抜いた「団塊の世代」の英知をどう企業が継承しシニア社会に送り出すかも大きな課題である。送り出す企業も、その形成される大きなシニア社会は自社のマーケットとしても期待できるものであるから。
過去、その数の論理で生き抜いた、ニュー・ファミリーと社会的にサブカルチャーまで産み出した世代の「シニア社会」は、単に物質的に大きなマーケットであるだけでなく、その数の論理で、もう一度精神的豊かさ、心の文化、「豊齢化社会」を創り出して欲しい。少子高齢化社会と嘆くだけでなく、「豊かに歳を重ねる」~「豊齢社会」であって欲しい!その昔、中高年退職者に向けて、自著「辞めないが勝ち」(実業之日本)の末筆にも書いた中高年者が心豊かに暮らせる社会は、夢のパラダイスで終わらせないで欲しい。特に「団塊の世代」の背景にあるライフスタイルは、そんな思いを期待に変えてくれる。「団塊の世代」は戦後の日本を変えてきたはずだ!あなた達のNew Life Style で、これからの日本のシニア世代にも大きく元気な変化をもたらして欲しいと思う。

この記事へのコメント

2006年03月06日 20:36
Asahinaさま
ホオジロのさえずりへコメントを頂戴しましてありがとうございました。
Asahinaさまの大変中身の濃いブログを拝読し感銘いたしております。
コメントでご指摘いただきましたように私も「団塊の世代は、希望に溢れたリタイアメントなどありえない」と理解しています。今まで働いて働いて親の世代の年金を何とか支えて、親孝行できたのはそれで良しとして、いざ自分達を考えた場合にはとてもじゃないけど子供達の世代には支えてもらえない。これはすねてみたところでどうにもなりません。皆で知恵をださねばならないと思います。願わくは子供達の世代に感謝されるようでありたいとも思います。おっしゃるように競争社会で必然的に養われたエネルギーがわれわれの大きなとりえだと思います。そして今までの社会経験を通じて次の世代に真剣に発言して行くことも大切なことあると思います。そういう意味で私なりにブログを始めてみたのですが、これからもご指導くださいますようお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック

  • ああ、団塊の世代! ラジオ・テレビ番組と共に

    Excerpt: われわれ団塊の世代は戦後まもない経済の復興期に元気な産声をあげました。 まだそれほど豊かではありませんでしたけれど昭和20年代から30年代は幼い心ながら何か社会が新しく動き始めたような活気を無意識の.. Weblog: ホオジロのさえずり racked: 2006-03-05 18:59
  • 基礎年金の額はどう決まるのか

    Excerpt: 基礎年金は、すべての人に共通する公的年金です。日本に住む20歳以上60歳未満の人は、国民年金(基礎年金)への加入が義務づけられています。サラリーマンなど厚生年金の加入者も、同時に国民年金に加入していま.. Weblog: 【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】 racked: 2007-06-03 17:25
  • ちょっと待って「年金問題」

    Excerpt: 年金について基礎年金番号に統合されていないデーターが5000万件あるということが今大きく社会問題になっている。「自分の年金は大丈夫か?」と心配している人が多いとおもう。ところで、ちょっと冷静に考えてお.. Weblog: 【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】 racked: 2007-07-02 16:52
  • 団塊シニア世代の消費と生き方

    Excerpt: 団塊シニアは自分のための消費、楽しみの消費に向かう団塊の世代黄金の十年が始まる堺屋太一さんのこれからの団塊世代の動きに対する予言です。堺屋さんは職縁の消費(会社人間型消費)から楽しみのための消費に向か.. Weblog: 団塊シニア世代の消費と生き方 racked: 2007-07-04 18:13
  • 法政大学の思い出~辞めるぞ!OLサークル~&年金はいくら支給されるか分かる?

    Excerpt: 東京六大学野球 Weblog: 東京六大学野球ブログ~我が子の東京六大学への道~ racked: 2007-07-19 07:43